モネを使用した俳句

モネに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

モネを含む俳句例

モネ色の夕空籠に寒卵/石田いづみ

花冷や印象派展モネの青/白井恭郎

マネの髭モネの髯秋深みたる/石嶌岳

モネよりも池の明るき未草/関口露子

モネ旧居祖国と同じ草の花/宮坂敏美

モネに佇つ糟糠の香と香水と/佐藤麗子

モネの絵も海も模糊たり花曇/斎藤道子

モネ晩年の睡蓮の闇水中に/松田ひろむ

喪の友にモネ絵葉書を寒見舞/松田知都

河はモネの彩得つつあり朝ぐもり/林翔

まなうらにモネの睡蓮盛夏くる/高橋克郎

モネの絵に電話が鳴つて春の雪/鈴木鷹夫

モネ展へ娘と待ち合はす花の雨/洲浜ゆき

日盛を来て会ふモネの睡蓮に/後藤比奈夫

睡蓮のモネより密に昏れなづむ/山口孝枝

秋水の底よりモネの眼を拾ふ/岡部ひさ子

どこか放浪の雨に咲くモネの睡蓮/三浦桂芽

キャンパスのモネの睡蓮マネの芝/水見壽男

モネの絵の池畔を散歩夢はじめ/大野雑草子

モネ展を出て睡蓮の黄にかがむ/越智田鶴子

俳句例:21句目~

果て弘法露店にモネもセザンヌも/本橋康子

水蓮や時代過ぎてもモネ、その美/筑紫磐井

睡蓮に問う雨の日のモネの起居/伊丹三樹彦

コスモスの気ままに咲いてモネの色/木藤一昭

モネを観てミロ観て都会日短か/野見山ひふみ

湖の朝焼けモネの女ら霧に消える/八木三日女

タイトルとURLをコピーしました