川向うを使用した俳句

川向うに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

川向うを含む俳句例

雪の川向うを別の刻流れ/神蔵器

渡守の妻が砧や川向ひ/寺田寅彦

川宿の向ふの岸の冷し馬/菊池木亭

闇涼し川の向ふの笑ひ声/正岡子規

真菰咲く川の向かふは大都会/堀恭子

砧打てば砧打ちけり川向ひ/松村鬼史

秋の暮川の向ふに子守歌/秋元不死男

秋耕の人大きさよ川向ひ/楠目橙黄子

垣越に鳴子引きけり川向ひ/寺田寅彦

稲の虫川向ひへも拡がりぬ/寺田寅彦

威銃ときには川の向ふより/高木晴子

川一つ向うの花菜明りかな/三瀬裕子

花大根川の向うの醤油蔵/平井きい子

草花火川の向うへ届きけり/野村泊月

川向ひどこのやしきへ時鳥/正岡子規

釣竿を青嶺に向けて川漁師/高澤良一

梅雨の都心光芒放つ川向う/高澤良一

麦笛や川の向うにわが母校/伊藤正子

歌劇場川向ふなり河鹿啼く/滝井孝作

狐火や川の向うはよその村/綾部仁喜

俳句例:21句目~

うらゝかや白き蝶往く川向う/内田百間

凧小さし川の向うの知らぬ町/辻田克巳

川向ふよりも夜番の柝の聞ゆ/中谷木城

蝙蝠や川の向ふに過密都市/西牧トキ子

野の川の向う明るき土佐水木/東條未英

背戸へ出て蕪洗ふ人や川向ひ/正岡子規

手つかずの芹の森あり川向ふ/高澤良一

川向ふ今しも木の葉時雨かな/高澤良一

ほうたるや川の向こうは小学校/多田悦子

八目鰻捕る川の向かうの頑固爺/高澤良一

夏場所のはねし太鼓や川向ふ/松本たかし

川向うといふへだたりの初景色/岡本高明

川向うへ声かけてゐる雪の果/伊藤はる子

真つ向に川ひかりゐる帰省かな/山上敦子

放たれしやうにのろ跳ぶ川向う/廣瀬直人

橋のない川の向うに立つマリア/田島たつほ

タイトルとURLをコピーしました