椅子を使用した俳句

椅子に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

椅子を含む俳句例

霞草父親学級椅子浅し/細川加賀

老画伯邸皮椅子に籠枕/鈴木鷹夫

葉桜の万の囁き夜の椅子/森大暁

花曇鉄の灰皿固き椅子/香西照雄

春深く山の農夫は椅子繕ふ/有働亨

只寒し白き御帳黒き椅子/寺田寅彦

春潮に対し一亭椅子二脚/岸風三楼

わが椅子のバネの健在大旦/西谷孝

十月の椅子の一脚神隠し/丸山嵐人

半世紀分の空冷え仮の椅子/渋谷道

椅子固き汽車に遠出の蜆売/下田稔

晩夏光駅長の椅子新しき/黒川允子

卒業生退場青き椅子の波/中尾杏子

囀や傾く椅子に座りたる/山下澄子

椅子により心の景の枯柳/富安風生

甲板の椅子百脚や夏は来ぬ/塙幸子

未来図や枯芝に置く椅子二脚/林翔

枯芝や庭の小椅子に黒鶫/三好達治

鳥帰るなり整然と椅子机/石田郷子

校庭に一脚の椅子秋の暮/藤岡筑邨

俳句例:21句目~

試験期や枯芝に椅子一つ残し/中拓夫

山吹や滝に向つて椅子床几/西山泊雲

裘椅子にあづけしモデルかな/樫村英

春浅し椅子や机や髪くすぶる/穴井太

椅子一つ毀れてゐたる蕨餅/鈴木鷹夫

蝶二つ忽ち別れ椅子残る/殿村莵絲子

藤椅子に二十世紀の音軋む/吉年虹二

幻燈会林間学校椅子を貸す/山口誓子

すがれ葦塩田跡の恋の椅子/加藤房子

花疲れ芦辺踊の椅子に在り/伊東祐翠

冷房の椅子より細き脛二つ/田中朗々

廻轉椅子くるり~と除夜ふくる/篠原

切株は天与の椅子よ鳥の恋/永井敦子

切株は老年の椅子遠紅葉/伊丹三樹彦

はつ秋の湖の光へ椅子廻す/亀田宏子

緑陰の椅子の乱るるままに去る/直人

晩年や骨の音して籐の椅子/山下良三

緑蔭の椅子に安穏老貴族/成瀬正とし

椅子一つあらば緑蔭いかによき/沢聰

やや寒の椅子と机の間かな/綾部仁喜

俳句例:41句目~

卒業式先輩の椅子持ち帰る/松田明子

約婚のふたりも椅子に小望月/及川貞

晩餐図椅子一つあけ冬深し/有馬朗人

粛として講書始の椅子一つ/有馬朗人

笹鳴や古総太き客間椅子/島村元句集

窓際に対話の椅子と鰯雲/町田しげき

春うらら透明人間坐る椅子/武田和郎

空が少し近き理髪店の椅子/守谷茂泰

秋風や帚木隠れ椅子置けば/下村槐太

秋虹へ椅子一斉に廻しけり/奈良文夫

園丁の冬の仕事の椅子造り/西村和子

折りたたむ椅子の重たき花曇/飯島愛

蜩や椅子の片脚浮いてをり/高澤良一

砂ながれ砂に埋まる廻転椅子/穴井太

短日や逆さ重ねに会議椅子/池田秀水

雪あはく画廊に硬き椅子置かれ/誓子

夏迎へ匂ひの園の一人椅子/村越化石

椅子回し見る少年に夜の雪/対馬康子

俗権得て白装の椅子雪の梅/香西照雄

雨の鵙朝餉は沖を見る椅子に/及川貞

俳句例:61句目~

夕風や風船売のたたみ椅子/石川桂郎

机みな椅子乗せて伏せ冬休/古川閑山

机椅子鉄色をしてかじかめり/飴山實

揺椅子に妻軽くなる小望月/西谷/孝

一本の桜吹雪へ母の椅子/山崎千枝子

煖房や株主集ふ椅子を置く/山口誓子

一脚の椅子は木晩に桜桃忌/古舘曹人

大テント招魂祭の椅子並ぶ/小路紫峡

七夕や一猫坐る理髪椅子/磯貝碧蹄館

大晦日父がつぶやく椅子の上/原田喬

揺椅子に母のまぼろし秋桜/山田弘子

椅子一つ蜩の声聞いてをり/長谷川櫂

椅子一つ縁側に置き秋の雨/京極杞陽

潮騒に陶の椅子あり春深し/鈴木鷹夫

運動会昔も今も椅子並ぶ/横山佳世子

水仙やはたらく者の椅子浅き/金子潮

婚約のふたりも椅子に小望月/及川貞

水仙の香へと診察椅子回す/大槻右城

新緑の中鼎談の椅子置かれ/池田秀水

鵙狂い坐り心地の悪い椅子/寺井谷子

俳句例:81句目~

椅子固し聖夜を遅れきし我に/森田峠

食堂の椅子みな逆さ冬の月/伊草節江

人遠し立冬の椅子軋ませて/都甲龍生

買初や母に佳き椅子贈らんと/轡田進

日脚伸ぶ診療室の椅子辺り/上田茂治

椅子涼し九十五歳の仮眠中/片岡宏文

秋深き波郷の椅子に坐りけり/長谷川櫂

椅子にゐて王者のこころ鰯雲/石原舟月

椅子に猫丸く寝てゐる小豆粥/遠藤梧逸

椅子に舁れ夏山上る異人かな/正岡子規

椅子の数死の数葉月来りけり/永鳥靖子

夏草の波かと寄する椅子一つ/中島和昭

椅子の絵の下に椅子あり夏館/千田百里

椅子の脚砂におちつき避暑家族/桂信子

夕凪の椅子引き上げる椅子の塔/竹中宏

夕桜死んだものらに椅子並べ/久保純夫

椅子ひとつあらば緑蔭いかによき/沢聰

夜は墓の青さで部長課長の椅子/堀葦男

椅子一つ抛り込んだる春焚火/川崎展宏

椅子倒れまなこばかりの藪の中/穴井太

タイトルとURLをコピーしました