青臭いを使用した俳句

青臭いに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

青臭いを含む俳句例

朝霜や猶青臭き莖菜桶/正岡子規

青くさき夕日追ひゆく蝗捕/中村翠湖

噛み当てて青くさき枝繭団子/岡野由次

新松子わが恋ごとは青くさし/高桑弘夫

狐火見て梅雨の枕の青臭し/殿村莵絲子

茗荷竹いつまでこころ青臭し/浅羽緑子

青くさき葉月始めの井水かな/平子公一

青臭き蕃瓜たうべて刀自の健/久米正雄

葦の角をとこ青くさきがよけれ/辻美奈子

蝶生まるこの青くさき朝ぼらけ/柿本多映

青くさきひと夜を経たる盆帰省/秦/洵子

青くさき後悔ばかりパセリ噛む/尾上直子

山の晴牛乳青くさき昼寝ざめ/阿部みどり女

石鹸玉青くさき子をはなれたり/田中午次郎

青くさき匂ひもゆかしけしの花/嵐蘭「猿蓑」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました