潮汲みを使用した俳句

潮汲みに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

潮汲みを含む俳句例

汐汲や千鳥残して帰る海人/鬼貫

明易く汐汲む舟の出揃へり/石川子

春雷や海水旅館汐汲める/田中冬二

潮汲みの河原の院の青芒/鈴木勘之

島びとの潮汲む磯の初明り/宮原双馨

春曙潮汲ら松間出て来るよ/高田蝶衣

汐汲みの女体になだれうつ力/三谷昭

潮汲の春昼の波またぎたる/宇佐美目

潮汲みてしら粥たかん小夜千鳥/闌更

舟洗ふ二百十日の潮汲みて/前田白露

夕凪の汐汲みあげて舟洗ふ/広瀬河太郎

汐汲を踊れば霞む舞台かな/大場白水郎

海荒れに汐汲む海女や栗の花/山口誓子

行く年の汐汲みて船洗ひをり/鈴木雹吉

黎明や若潮汲みの声ふゆる/友井世津子

古屏風の潮汲ひとりうしろむき/宇佐美目

惜春のある日汐汲女のやうに/神尾久美子

春海や波またぎ~潮汲める/阿部みどり女

汐汲むや身妊りの胎まぎれなし/澤木欣一

潮汲んで梅の枝くぐりゆきけり/臼田亞浪

俳句例:21句目~

濤かぶつて汐汲む蜑やむら千鳥/飯田蛇笏

鬼房の潮汲みてゐる月夜なれ/正木ゆう子

拾ひたる貝に汐汲むうらゝかさ/広江八重桜

汐汲みの汐こぼしゆく冬日かな/鈴木真砂女

潮汲の眼に松遠き暑さかな/吉武月二郎句集

父がゐてその父がゐて若潮汲む/九鬼あきゑ

ほたるいか潮汲むやうに汲まれけり/関口祥子

タイトルとURLをコピーしました