四畳半を使用した俳句

四畳半に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

四畳半を含む俳句例

秋ちかき心の寄や四畳半/芭蕉

爐開や厠に近き四疊半/正岡子規

秋近き心の寄や四畳半/松尾芭蕉

冬籠なるれば廣し四疊半/正岡子規

煤拂の此間は許せ四疊半/正岡子規

華涼み月に隣るや四畳半/服部嵐雪

西側は蔦の窓なり四畳半/子規句集

賑かや餅花ありて四畳半/高濱年尾

しくれたる人の咄や四疊半/正岡子規

佛壇も火燵もあるや四疊半/正岡子規

冬待つや寂然として四疊半/正岡子規

名月やわれは根岸の四疊半/正岡子規

四畳半三間の幽居や小米花/高浜虚子

此君にわれに秋行く四疊半/正岡子規

煤拂のこゝだけ許せ四疊半/正岡子規

煤拂のこゝは許せよ四疊半/正岡子規

秋風の吹きぬけて行く四畳半/上林暁

蠅打てしばらく安し四畳半/子規句集

輪飾や凭る壁もなき四畳半/石橋秀野

冬を待つ用意かしこし四疊半/正岡子規

俳句例:21句目~

春光のかくまでやさし四畳半/対馬康子

白玉と待たされてゐる四畳半/鈴木鷹夫

あつき日や運座はじまる四畳半/正岡子規

優曇華やひと日をこもる四畳半/永井京子

炭の香も茶の香もとむや四疊半/正岡子規

あぢさゐに修理して住む四畳半/長谷川貴枝

探題樂/口切や北も召れて四畳半/蕪村遺稿

冷蔵庫が泣いている四畳半の未亡人/藤田踏青

タイトルとURLをコピーしました