人家を使用した俳句

人家に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

人家を含む俳句例

両岸ノ人家朧ニ下リ舟/正岡子規

柳遠く人家の煙搖曳す/正岡子規

火の山のここに人家や黍畑/偉邦

花芒品川の人家隱見す/正岡子規

阪本の人家暮れたり山桜/正岡子規

幟立てる人家は遠し大伽藍/正岡子規

年の尾や大津の人家園城寺/尾崎迷堂

片鶉交野の人家灯ともさず/正岡子規

雲斑らなる谷間に人家かな/京極杞陽

人家あるところ冬日のよく當り/上村占

冬山の日當るところ人家かな/村上鬼城

手負熊つひに人家を襲ひしと/上牧芳堂

更科の人家は寐たりけふの月/正岡子規

楼台や人家もありて後の月/楠目橙黄子

秋山の道よく見えて人家あり/皿井旭川

過疎の里猪垣続く人家まで/国方佳根子

きんぽうげ古墳の村に人家殖ゆ/中村石秋

木がらしや人家の絶えし畝の跡/室生犀星

湖に向く雪の人家のひとならび/伊藤敬子

雪なたれ箱庭の人家つぶれたり/正岡子規

俳句例:21句目~

かまくらの灯より人家の灯の貧し/岸風三楼

二タ杉より離々の人家の雪野かな/野村喜舟

梅さくや水をめぐらす人家幾村々/正岡子規

花すすき人家といふは寄り添うて/高澤良一

野菊と人家たぶん濁流には見えぬ/高野ムツオ

桃の沿線人家の負う字にあまとりす/田川飛旅子

人家遠からずまた近からずほととぎす/荻原井泉水

タイトルとURLをコピーしました