城門を使用した俳句

城門に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

城門を含む俳句例

城門に霜除の縄堆く/林桐子

城門の釘大いなる霰哉/正岡子規

大学に城門残る葛の花/西村和子

菊車城門ひらく風の中/桂樟蹊子

金州の城門高き柳かな/正岡子規

城門に乳首の鋲や道灌忌/佐野克男

城門に槍の林やけさの春/正岡子規

城門を全く掩ひ蔦の秋/楠目橙黄子

城門を出て遠近の柳かな/正岡子規

城門の閉りし六時日脚伸ぶ/田中延幸

城門を今朝こそ敵も明の春/尾崎紅葉

城門を入るより桜落葉はや/福田蓼汀

城門を閉ぢて七高夏やすみ/藤後左右

夏草や城門ありて城もなし/正岡子規

日盛りや城門巨石膨らみぬ/山崎静夫

更衣城門の大鼓いさましき/正岡子規

白鳥を追う城門も無き街角/対馬康子

城門に吸はるゝごとく花の人/相馬形水

城門に蝶の飛び交ふ日和かな/内藤鳴雪

城門のこふのとりの巣秋碧し/小池文子

俳句例:21句目~

城門やいくさもなくて草の花/正岡子規

就中城門冬のかすみかな/久保田万太郎

凍る野に城門をあけ民ら迎ふ/長谷川素逝

城門に吸い込まれゆく花見客/迎田千重子

城門のひらかれてゐて無月かな/小澤初江

城門へ坂のいくつも日焼けして/諸田登美子

城門の出で入り厳にコレラ入れじと/長谷川素逝

風死せるこの地が羅城門の趾/高橋克郎「塞翁が馬」

タイトルとURLをコピーしました