見守るを使用した俳句

見守るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

見守るを含む俳句例

葛湯飲む柱時計に見守られ/大橋淨

種案山子夜は見守る北斗星/林昌華

沼ねむり寒林これを見守れる/有働亨

子の恋の終り見守る白芙蓉/毛塚静枝

玉子酒妻子見守る中に飲む/高木良多

荒涼たる星を見守る息白く/野澤節子

見守られ入学児より退場す/西村和子

巨鳥見守る暁の凍つる中/小島千架子

行春の沖を見守り御陵衛士/大井戸辿

冬田打つ産土神に見守られ/田中政子

蛙合戦見守る此処が上席ぞ/高澤良一

啓蟄や母の見守る砂場の子/国沢凜風

城これを見守り人等魂送り/伊藤柏翠

寒灯や吾を見守るものに吾/上田五千石

海に入る夕日見守るおけさ柿/高澤良一

濁流の越す下り簗見守れり/藤本安騎生

百姓の子を泳がせて見守れり/松藤夏山

砂場の子遠く見守る四温の目/高澤良一

受験子を見守る距離を心得て/山田弘子

大寒の展開するを見守らむ/相生垣瓜人

俳句例:21句目~

まどろめるわれを見守り福寿草/みどり女

七五三着付見守る父母祖父母/山田万津恵

母となる子の夏痩を見守りつ/岡本まち子

燭剪つて見守る太刀や夜半の秋/伊藤松宇

引く鴨と思ひしばらく見守りぬ/下村梅子

受験子へ見守るのみの花活ける/秋山愛子

受験子を今は見守るほかはなく/稲畑汀子

遠くより見守るごとく冬日あり/遠藤睦子

鞦韆の揺れを見守り悔すこし/片山由美子

風向きを見守つてゐる近火かな/高橋春灯

食ひ残す凍パンを人が見守れる/岩田昌寿

さわやかに一蝶高く見守られ/阿部みどり女

手花火や見守られゐること知らず/西村和子

看とるとは見守ることか花すみれ/中嶋秀子

蚊帳吊つて婆の見守る麻疹の子/滝沢伊代次

見守るや月に見入れる病者の眼/徳永山冬子

うなづきて子を見守れる噴井かな/八木林之介

巣鳥はも遠くは去らず巣を見守る/水原秋桜子

キャンプの杭打ち込む力見守られ/橋本美代子

今際なる姑を見守りて聞きたりき曇りにひびく海猫の声/沢口芙美

俳句例:41句目~

さくらばな陽に泡立つを見守りゐるこの冥き遊星に人と生まれて/山中智恵子

タイトルとURLをコピーしました