生誕を使用した俳句

生誕に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

生誕を含む俳句例

三鬼生誕百年の世の桃畠/鈴木明

柊や罰生誕の刻にあり/斎藤愼爾

潮騒やいま生誕の落椿/田中水桜

初日記草城生誕百年祭/伊丹三樹彦

貧いまも雀隠れに生誕地/古舘曹人

風に問う風の生誕黄落期/対馬康子

修道女菓子焼く聖母生誕祭/杉田竹軒

海の女神生誕の日の春手套/有馬朗人

生誕の日や冬薔薇の紅の檄/楠本憲吉

黄鶲を聴く生誕の楽として/堀口星眠

わが生誕前も四季あり返り花/池田澄子

冬鵙や次女生誕はよべのこと/門青鬼子

殻を脱ぐ蝉生誕の翅の瑠璃/小原菁々子

生誕祭を一善の亀炎えすすむ/伊丹公子

椿数多花異なりて美女生誕/長谷川かな女

水ゆれて蝌蚪の生誕はじまりし/藤崎久を

雪降れり我が生誕のにぎはひに/柿本多映

キリストも釈迦も信じて生誕祭/管野レイ子

凍湖日ざす方に生誕の声あるごと/友岡子郷

生誕も死も花冷えの寝間ひとつ/福田甲子雄

俳句例:21句目~

木の実降る子規生誕の日なりけり/毛呂刀太郎

生誕のともあれ目をひらこうとする/池田澄子

レールをわたる女たちそのひとりの生誕/林田紀音夫

生誕に空しき砲を撃つ兵よ春泥に膝つきてつつまし/安永蕗子

真直なるもの激しけれ夏の日の午後風断ちて雲の生誕/藤森益弘

星の生誕現場を想う天体を模したる経穴を體に探りつつ/光栄堯夫

タイトルとURLをコピーしました