方位/を使用した俳句

方位/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

方位/を含む俳句例

円湖凍てゝ方位東西相隣る/草田男

方位盤霧に閉ざせし山記す/田口圭

木星の熱ある方位父歩む/齋藤愼爾

鉛筆が倒れる方位黒揚羽/対馬康子

風花に方位定めし風見鶏/赤尾恵以

鷺草の花の窺ふ方位かな/後藤夜半

六月の遠嶺引き寄せ方位盤/今井嘉子

方位盤富士指す彼方鳥渡る/山田節子

真夜起きて方位疑ふ岳の月/福田蓼汀

祖国遠し方位の果の雲の峰/皆川白陀

雁渡し指もてたどる方位盤/伊藤京子

霜の花一気に拭ふ方位盤/丸山美奈子

風の斑に方位失う花吹雪/永田タヱ子

向日葵立つ方位未確の山の上/山口誓子

方位なく光陰とどまり冬木立/福田蓼汀

方位盤眠れる嶺々の名を記す/大橋敦子

東京の木枯にたち方位なし/福田甲子雄

ほうたるにほうたる方位無尽蔵/柚木紀子

実石榴は西の方位の守りなり/大野和加子

山藤をくぐりて方位やや狂ふ/橋本美代子

俳句例:21句目~

方位盤にハワイ/タヒチや冬岬/嶋崎茂子

方位盤指す山すべて雪嶺なる/村木海獣子

阿蘇五岳方位を変へてゐし花野/中村田人

國男生家に方位違えてかなかな啼く/伊丹公子

田が植わり方位やさしくなりにけり/野澤節子

風死してこめかみに来る日の方位/深谷雄大「白瞑」

方位なき暗闇のなか寝返ればうゐのおくやまゆめ揺れにけり/高野公彦

タイトルとURLをコピーしました