鉄道を使用した俳句

鉄道に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鉄道を含む俳句例

紅葉谿野岩鉄道錆鉄橋/高澤良一

大陸横断鉄道まっすぐに夏/司雪絵

廃線の鉄道官舎冬ざるる/福原紫朗

竹煮草昔鉄道官舎かな/北見さとる

限りなく鉄道長き夏野哉/正岡子規

海女として鉄道員の妻として/上野泰

穂絮舞ふ鉄道の日の梅小路/大島民郎

織娘帰る鉄道沿ひに月見草/沢木欣一

行く春闘や鉄道員の目に涙/八木博信

誰か見る鉄道ぐさの花盛り/佐藤春夫

鉄道の左右になかし夏木立/正岡子規

かつてここに鉄道馬車駅菊根分/辻桃子

日永さや鉄道馬車のゆれ心地/正岡子規

木曽路にも鉄道かけたか時鳥/正岡子規

鉄道のうねりくねりや夏木立/正岡子規

鉄道員の襟に届きし冬の星/稲岡巳一郎

ななかまど赤しシベリヤ鉄道に/依田明倫

寝て待てば鉄道馬車が通るなり/桑原三郎

時の彼方へ草軽鉄道霧に消ゆ/文挾夫佐恵

枯野鉄道ところどころに駅と町/加藤耕子

俳句例:21句目~

鉄道に何を群れたる五月蝿ぞや/正岡子規

鉄道員雨の杉菜を照らしゆく/福田甲子雄

「鉄道員」を観て冬帽を目深にす/石川文子

きちきちの飛んで鉄道記念の日/藤田あけ烏

油でくびれた石白く笑いだす鉄道員/赤尾兜子

親子で飲むラムネ鉄道のない町で/青木啓泰「蛙と羅生門」

鉄道のありと信ずる少年期灯を消せば天の川流るるあたり/森島章人

タイトルとURLをコピーしました