朝雲を使用した俳句

朝雲に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

朝雲を含む俳句例

一塊の春の朝雲欅立つ/中村汀女

桑の葉に秋の朝雲定まらず/原月舟

石斛や朝雲ひかる峰の寺/高田蝶衣

十月の雲より薄し朝の月/今瀬剛一

青胡桃穂高は朝の雲放つ/伊藤淳子

朝雲のよき七草を囃しけり/阿以鎮雄

朝の雲やはらか白根葵咲き/岡田日郎

蘭湯や阿房に朝の雲かゝる/島田五空

蝉のこゑ水からも立ち朝の雲/大串章

十二歳の長女と美田とに朝雲/阿部完市

厚朴の実に雨やむ霧か朝雲か/飯田蛇笏

朝雲ちり冬空とほく光りあり/飯田蛇笏

朝雲に肝染めながらカモメ啼く/渋谷道

朝雲のたかき静けさ原爆忌/下村ひろし

朝雲の故なくかなし百日紅/水原秋桜子

朝雲の灼けて乳牛に桐咲けり/飯田蛇笏

朝雲の生絹びかりに秋立てり/西村博子

薔薇の芽に朝雲うごく外秩父/永井由清

庭前は梅の葉のちる朝の雲/中塚一碧樓

水の野を朝の雲過ぐああ開花/金子兜太

俳句例:21句目~

芥子咲くや氷河をのぼる朝の雲/有働亨

朝雲の後かたもなき添水かな/晏梛みや子

朝雲をうしろに幽らき実梅かな/松村蒼石

竹婦人朝雲暮雨の二つあり/菅原師竹句集

節分のあとの朝雲うごきけり/藤田あけ烏

ある朝の浮かべる秋の雲なりけり/安住敦

草ひばり朝雲は嶺にとどまらず/星野麥丘人

義士の日や銀をふちどる朝の雲/沢田まさみ

タイトルとURLをコピーしました