蒼白を使用した俳句

蒼白に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

蒼白を含む俳句例

万緑を抜けし列車は蒼白に/小林武

山霧を行かせ蒼白なり氷河/有働亨

抗癌剤効きゆく桜蒼白に/中尾杏子

暦日を詰め蒼白の新日記/楠本憲吉

蒼白き雲海に富士日の出待つ/沢聰

蕨ひく山の大きさなど蒼白/松澤昭

離陸後に会う既望の蒼白と/澁谷道

大綿に蒼白の渦浮きあがる/村上高悦

故郷の蒼白の文字と水の空/阿部完市

蒼白に黎明のぼり凍りつく/成田千空

蒼白の磔像肋らに夜露ため/後藤綾子

まどろみの後蒼白の牡丹かな/塚本邦雄

司教にある蒼白の丘疾風の鳥/金子兜太

流氷の蒼白に日をとどめをり/佐藤国夫

片影を僧の蒼白来つ往きつ/殿村莵絲子

蒼白きものふるへ来る月の霜/渡辺水巴

蒼白く夕かげりたる辛夷かな/鈴木花蓑

蒼白な火事跡の靴下蝶発てり/赤尾兜子

ごきぶりを打つ蒼白の刻にゐて/小澤克己

一瞬蒼白の踏切をおき喪の東北/金子兜太

俳句例:21句目~

深昼寝して蒼白に起き出づる/能村登四郎

蒼白となりて入りゆくさくらかな/岸田稚

蒼白のキリスト水餅に触りて/小川双々子

蒼白の国境にきて哄笑ふかな/富澤赤黄男

蒼白の軍鶏のたましひ月夜なり/酒井破天

わが紅葉蒼白なればいちにちみる/阿部完市

蒼白くかもしか佇てる岩の上/坊城としあつ

母も来て見よ四弁蒼白なるどくだみ/鮫島康子

タイトルとURLをコピーしました