鼻緒を使用した俳句

鼻緒に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鼻緒を含む俳句例

裏口の鼻緒の湿る宵祭/宮坂静生

水引草鼻緒の柄の江戸模様/桜井昌子

妹や鼻緒捨てきし夏夕べ/津沢マサ子

紅梅や後趁ひ来る子の鼻緒/横光利一

春昼や尼ぜの下駄の白鼻緒/高濱年尾

釈奠の赤き草履の鼻緒穿く/大貫時余

風の盆鼻緒の芯に昨夜の雨/藤田直子

十夜婆鼻緒の赤の糸じるし/加藤美代子

履きそめのかたき鼻緒や初詣/吉屋信子

智恵詣鼻緒が痛くなりにけり/細川加賀

桐下駄の細き鼻緒や傘雨の忌/田中幹也

水無月の下駄の鼻緒の雫かな/石黒一憲

菖蒲見る鼻緒つまりし高足駄/松藤夏山

薫風や鼻緒のゆるき有楽苑/佐藤美恵子

行春やゆるむ鼻緒の日和下駄/永井荷風

母の日や鼻緒の固き母連れて/恩田秀子

浜下駄の鼻緒の濡れて芋の花/平野無石

今の世も鼻緒綯ふ母花ゆすら/古賀まり子

売れもせず赤い鼻緒の滑り下駄/川崎展宏

夜店へと紅き鼻緒の下駄履いて/川口咲子

俳句例:21句目~

梅雨の庫裏白き鼻緒の利休下駄/友正義子

横坐りの足袋の鼻緒の跡しるし/原田種茅

葱坊主鼻緒の切れし下駄さげて/石川文子

霜除や下駄の鼻緒の朱も失せて/田中裕明

甚平着て間なし草履の鼻緒擦れ/高澤良一

鼻緒無き下駄のさすらう真菰池/佐藤文子

六斉や夕されば鼻緒ゆるみたり/水野真由美

暗闇くぐる紅き鼻緒をあらはにし/攝津幸彦

梅雨さむし赤い鼻緒にすげかへて/長谷川双

白足袋も鼻緒もきつめなのが好き/榊原弘子

笠美人右手右足左手左足や紅鼻緒/橋本夢道

背高鴫赤い鼻緒のじょじょ履いて/高澤良一

蛇に止まるひとりは鼻緒切らしけり/及川貞

古ネクタイ鼻緒におろせ花ぐもり/米沢吾亦紅

ゆるい鼻緒の下駄で雪道あるきつづける/尾崎放哉

タイトルとURLをコピーしました