ビードロを使用した俳句

ビードロに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ビードロを含む俳句例

びいどろや氷柱をかざす笄売/露遊

冷めがての飴はびいどろ夏祭/林翔

ビードロに洗鱸を並べけり/正岡子規

吹上やびいどろしたゝる菊の水/西望

硝子のおどろきぬ今朝の秋/與謝蕪村

ビードロに洗ひ鱸を並べけり/正岡子規

浮世絵の女ビードロ吹く賀状/戸倉完二

びいどろに夏の蘇苔真青なる/加藤楸邨

びいどろの曇り生涯戦後なり/永島靖子

びいどろを吹く坂の町鰯雲/山崎不二子

氷とくる水はびいどろながしかな/貞徳

灼熱のびいどろを吹き夏深し/渡辺立男

ビードロの根付を帯に小町の忌/西村弘子

ビードロの皿に盛りたる葡萄哉/寺田寅彦

吹き竿のビードロ流れ汗ながれ/甚上澤美

涼風やビードロになる砂を採る/正岡子規

びいどろの出何處何處ぞ冷し酒/高橋睦郎

びいどろや十勝にしづむ甜菜野/古舘曹人

姫子国のびいどろ割りや竹の皮/加藤郁乎

氷屋のびいどろが鳴り灯りけり/岸風三楼

俳句例:21句目~

ビードロのかうがい冴ゆる出島跡/平田幸子

紫陽花やビードロを買ふ坂の街/正林/白牛

あぢさゐをびいどろ色の雨つつむ/高澤良一

びいどろや葡萄酒の色の殉教史/文挾夫佐恵

びいどろの花器からつぽの秋まひる/楠本憲吉

びいどろを蹴りをりし春の土いづこ/加藤楸邨

ビードロが割れて巨人の出て行きぬ/小笠原/裕子

タイトルとURLをコピーしました