嬉々/喜々を使用した俳句

嬉々/喜々に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

嬉々/喜々を含む俳句例

蟻嬉々と鋼の上を走りけり/原田喬

初御空嬉嬉と洗濯挟みかな/千田稲人

喜喜として行春の壺砕けたり/橋間石

雪嬉々と延年舞の堂つつむ/矢島渚男

金嬉々壷中の天地華やかに/塩田月史

喜々として素焼の鉢の桜草/川崎展宏

失せし歯の洞に嬉嬉と小豆粥/今井竜蝦

秋の虹嬉々とよぎりし鳥の群/内藤晴夫

風に任す昼寝の詩集余白嬉々/宮津昭彦

初明り嬉々と節穴多き戸よ/松崎鉄之介

放鳥を喜々と迎えて百千鳥/伊丹三樹彦

嬉々と柿もいで憶良の子供たち/大串章

しし窓や吹きこむ春の雪嬉々と/石川桂郎

スキーの子嬉々と華巌の滝の上/川端茅舎

園丁にさつきは嬉々と色尽くす/有馬籌子

春泥を少女喜々たり追ひ越せず/原田種茅

木流しのもう始まらん水嬉々と/加藤楸邨

渡海船嬉々と乗りこむ島涼し/小原菁々子

眉剃りて妻の嬉々たる初湯かな/飯田蛇笏

蒔く種の嬉々と大地にまぎれこむ/檜紀代

俳句例:21句目~

暗渠出て嬉々たる水や仏生会/鍵和田ゆう子

採りつくしたる林檎園雪嬉々と/上田五千石

花韮の嬉々と揺るるは神信ず/鍵和田ゆう子

熊蜂の嬉々とゐて宙波立ちぬ/鍵和田ゆう子

嬰嬉々と笑ひ梅雨雲日をこぼす/小松崎爽青

喜々として後の彼岸の輪投げかな/川崎展宏

受験生嬉々と絵雛をかへり見ず/佐野青陽人

春立つや嬉嬉と舞ふ鳥水しぶき/北村タカ子

倶に寡婦修二会の火の粉喜々と浴び/我妻草豊

ゐのこづち嬉々と飛びつく良夜明け/野澤節子

いのこづち喜々と飛びつく良夜明け/野澤節子

あやかりて嬉々とわが家の萩までも/後藤比奈夫

タイトルとURLをコピーしました