忘却を使用した俳句

忘却に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

忘却を含む俳句例

忘却の彼方に大樹蝉しぐれ/原裕

忘却も供養の一つ秋彼岸/森白象

忘却の断面ならし花菜畑/藤後左右

冬鴎忘却といふ語の親し/行方克巳

大枯木前後左右を忘却し/津田清子

忘却の中の一つの火の祭/高橋沐石

銀製の蝉を埋めて父とは忘却/林桂

夕浪は忘却のいろ雁渡る/柴田白葉女

忘却の霞立つなり知覧基地/徳留末雄

忘却の杏子咲くべし隋へ旅/和田悟朗

戦死戦災死者忘却や敗戦忌/橋本夢道

洞窟に湛へ忘却の水澄めり/西東三鬼

葱囲ふ忘却期間置くために/伊藤白潮

その羽子は忘却曲線描きけり/櫂未知子

冬のコーヒー一匙分の忘却や/寺山修司

冬の猟銃忘却かけし遠こだま/寺山修司

忘却の齢ぞ合歓の花昏れる/小松崎爽青

忘却に淵あり青条揚羽発つ/高野ムツオ

忘却のすでに光やつばくらめ/柚木紀子

忘却やうす雪しづむ水の中/豊長みのる

俳句例:21句目~

忘却や胡桃手荒く割ることも/内藤吐天

滝凍てて立つ一切を忘却し/橋本美代子

忘却の扉を開く銀の鍵つめたし/内藤吐天

河原撫子僧に忘却問はるるも/伊丹さち子

忘却の日々あるばかり苔の花/大塚千々二

すべて忘却石竹の白い花咲く/中塚一碧樓

落葉焚くや忘却といふ罪に生き/武田玄女

年暮るる忘却の石ひたに積み/稲垣きくの

忘却の冬凪身もだえ詑ぶ者無し/香西照雄

露の世の忘却といふ生きるすべ/川口咲子

青葉木菟忘却という卑怯者/一ノ瀬タカ子

忘却のかなたより来しかたつむり/田村恵子

木々に芽を吾に忘却を神は強ゆ/竹下しづの女

忘却とは長いながい焚火のけむり/長谷川秋子

凡て忘却春暁の火事目のあたり/阿部みどり女

空間は世界をつつむ忘却か一本の樹の彼方なる青/市原克敏

毛虫踏み忘却と書き消しては書く/黄川田美千穂/『貝むらさき』

タイトルとURLをコピーしました