産土神を使用した俳句

産土神に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

産土神を含む俳句例

一振りは産土神へ鍬始/井上初美

万緑や産土神のお百度石/早川翠楓

産土神に秋繭供へ遠野人/平山節子

産土神に雀の遊ぶ年の内/丸岡宣子

冬田打つ産土神に見守られ/田中政子

産土神に頬被解く田植道/阿波野青畝

産土神の上蠍座の夜の秋/町田しげき

産土神の椎は日向のお元日/太田鴻村

病む母の産土神の鷽替へて/能村研三

温室耀りて産土神つつむ苺村/大熊輝一

狐火や産土神の闇いよゝ濃き/島野汐陽

産土神に灯あがれる若葉かな/芝不器男

産土神に隣れる家の大種井/波多野爽波

産土神に露けき老のひと屯ろ/石田勝彦

産土神の森に逃げ込む稲雀/根岸すみ子

産土神の留守やわがもの顔に猫/杉本寛

産土神の針金細工子かまきり/合田秀渓

産土神は大河のほとり初明り/老川敏彦

産土神へ搗きたて餅や年の夜/島田教夫

産土神を村の高みに秋気澄む/川勝ミヨ

俳句例:21句目~

笛吹きて鳶も産土神迎へけり/野原春醪

そのかみの産土神しろす蚕かな/飯田蛇笏

産土神に土俵組みゐる八朔盆/香川はじめ

産土神の茅の輪大きく楕円なり/中尾杏子

産土神を良き座に秋の島歌舞伎/宮津昭彦

産土神に焚く田遊びのはじめの火/佐野美智

産土神へ懸けしばかりの菜もありぬ/田中裕明

蚊帳干して産土神に人住みゐたり/米沢吾亦紅

タイトルとURLをコピーしました