着水を使用した俳句

着水に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

着水を含む俳句例

初鴨の着水一糸乱れざり/西村琢

山影を砕きて鴨の着水す/松下朱実

歓びに似て着水の鴨数羽/椎橋清翠

水鏡割つて着水飛来鴨/石井いさお

白鳥の首たて直し着水す/山本佳世

着水と思い夏野に膝を折る/渋谷道

着水の双翼天の川へ伸ぶ/太田鴻村

鴎らの踏絵人造湖の着水/安達真弓

これとても着水の裡鴨滑る/高澤良一

初鴨の足ふんばつて着水す/菅野孝夫

岸暮れて鴨着水の音幽か/正木ゆう子

着水のときの魂抜け竹落葉/山田弘子

着水の寒雁に星生まれけり/高橋紀子

着水の白鳥ほつと白くなる/森山夕樹

着水の白鳥一羽づつ白し/藤井寿江子

着水の白鳥親子啼き寄りぬ/中村姫路

着水も離水も無音小鰺刺/宇多喜代子

着水をして鴛鴦の色となる/日下松花

飛んで来し鴨着水の足揃へ/田上悦子

初鴨の光りを曳きて着水す/横山美代子

俳句例:21句目~

初鴨の空のはしより着水す/小林せつ子

寒雁の落つるごとくに着水す/和田鷺風

小刻みに羽摶ちつつ鴨着水す/権太郁子

着水す飛距離の出たる朴落葉/茨木和生

葦枯るる着水はどこか儚い/本田ひとみ

鳰の着水光るよ椅子へ出勤す/香西照雄

鴨着水光の束を身より撒き/上野さち子

鴨着水五體投地の如きもあり/八木林之介

鴨着水ざんぶとやってみせにけり/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました