踝を使用した俳句

踝に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

踝を含む俳句例

夏負けの踝あらふ西日影/松澤昭

夏負けの踝あらふ西日影/松澤昭

踝を翁のほむる紅葉かな/大石悦子

雨蛙くるぶし熱き夜の稿/鈴木鷹夫

孟秋の真清水さぶし踝も/攝津幸彦

踝に落花一片つけて匍ふ/下村槐太

踝に風の生まるる麦二寸/井上初美

桔梗や子の踝をつよく拭き/山西雅子

稲妻に踝濡れてゐたるなり/行方克己

踝の汚れ切つたる昼寝かな/行方克己

くるぶしを野菊に埋め恋岬/手塚美佐

仏足のくるぶし厚き良夜かな/後藤綾子

下駄にのる踝小さし菊日和/鈴木真砂女

庭に出づくるぶし二つ寒日和/井沢正江

肥汲みの尼のくるぶし竹落葉/松村蒼石

蝸牛やくるぶし冷ゆる湖の風/石川桂郎

くるぶしを雀がくれに浸し行く/神蔵器

くるぶしを離れぬ風や若菜摘/朝倉和江

鹿毛馬のくるぶし白き秋の暮/川崎慶子

一遍の太きくるぶし鳥ぐもり/福谷俊子

俳句例:21句目~

冬ざくら山に住み踝が尖る/一ノ瀬タカ子

踝をいつぱいつけてをりし枇杷/大石雄鬼

夏霧を来しくるぶしを大事にす/萩原麦草

左義長やくるぶし高き神歩む/磯貝碧蹄館

春雷のくるぶしを摶ち止みにけり/岸田稚

濡れ草にくるぶし埋む流灯会/佐藤みどり

冬耕の戻りくるぶし湯もて拭く/本宮哲郎

そこらじゆう凍えて踝がふわふわ/鎌倉佐弓

夜も昼もくるぶし過ぎる夏の水/宇多喜代子

くるぶしを風の過ぎゆく魂まつり/矢島久栄

くるぶしを打つたる痛さ春蚊出づ/藤田湘子

雪しろにくるぶし浸かる出羽仏/星野真理子

万緑にくるぶし堅き仏たち/伊藤通明「西国」

新年のくるぶし緊むるかたき足袋/能村登四郎

板の間に坐るくるぶし夕かなかな/蓬田紀枝子

くるぶし痛しむかし山には羽ありき/阿部完市

くるぶしをかさかさ鳴らす母の梅雨/宇多喜代子

湯ざめしてくるぶし遠くなりにけり/柴田佐知子

タイトルとURLをコピーしました