七曜を使用した俳句

七曜に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

七曜を含む俳句例

七曜を忘れてすごす七日粥/檜紀代

初雀こぼれ七曜廻りだす/館さくら

七曜に疾風のひと日誓子の忌/山口速

七曜の一曜きめて髪洗ふ/鈴木真砂女

七曜の雨なきは憂し七変化/西川良子

七曜をつなぐ三寒四温もて/鈴木栄子

余震なほ寒の七曜狂ひたる/小元洋子

働くには足らぬ七曜鵙猛る/佐藤斗星

如月の七曜逃ぐるごと早し/島崎茂子

雪安居僧に七曜なかりけり/辻本青塔

七曜のたちまち過ぎて散る桜/大江和子

七曜のなき明け暮れに寒雀/小松崎爽青

七曜のはじめ身軽し赤い羽根/河野南畦

七曜の果の落葉を焚くけむり/桂樟蹊子

七曜やえんどうの花天目指す/岡本和子

七曜を多忙に大暑二タ乳房/河野多希女

仕事に倦めば寂と七曜春の蝿/遠藤秀子

多佳子忌や七曜啼けり白孔雀/本橋定晴

春寒き七曜忽卒として過ぐる/内藤吐天

麗しき春の七曜またはじまる/山口誓子

俳句例:21句目~

七曜のいらぬ余生や大根干す/向笠千鶴子

七曜の埋めつくされて花粉症/山崎せつ子

新しき七曜吾子のふらここ押す/伊藤敬子

秋蝶や人に七曜の早さあり/阿部みどり女

走馬燈おろかに七曜めぐりくる/角川源義

薔薇の芽に七曜めぐるにぎやかに/原田青児

洋蘭と起き伏し七曜過ぎにけり/阿部みどり女

芹食えば水の香りす七曜の無きしづかなる芹の歳月/高野公彦

タイトルとURLをコピーしました