葭雀を使用した俳句

葭雀に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

葭雀を含む俳句例

よし雀の拍子揃ふや船大工/荘丹

夕潮に浮きし葭原葭雀/橋田憲明

遊船の小舟曳きゆく葭雀/松本進

三十石船の来さうな葭雀/稲畑汀子

江戸女涼む版画に葭雀/百合山羽公

淀川もここらは狭し葭雀/稲畑汀子

葭雀の終日啼いて水長し/尾崎紅葉

その辺に雀が飛んで葭雀/深見けん二

よし雀お祭船へ啼きかはし/臼田亞浪

水車場へ小走りに用よし雀/高浜虚子

茎掴みそのまましなふ葭雀/高澤良一

葭雀や弁當すみし作事小屋/井上井月

葭雀水にみづいろ戻りたる/市場基巳

葭雀砂場の馬にこゑ流す/百合山羽公

誰もが箸使ひはじめて葭雀/中嶋秀子

輪中より輪中へつなぐ葭雀/杉山岳陽

よるべなく濁流はやし葭雀/百合山羽公

子を憶ふ夕べな鳴きそ葭雀/千代田葛彦

巣づくりのひまの声かも葭雀/和田祥子

泣かされて舟に戻る子葭雀/小原菁々子

俳句例:21句目~

球形タンクも雨意の相貌葭雀/木村蕪城

葭雀すでに河口と云ひがたき/山口誓子

葭雀や暁て一二のみをつくし/高井几董

葭雀二人にされてゐたりけり/石田波郷

葭雀葭すれ~に飛びうつる/五十嵐播水

人乗せて吹かるゝ舟や葭雀/長谷川かな女

咽喉痛む日のさきざきの葭雀/猪俣千代子

葭雀松をつかみて啼きつゞくる/橋本多佳子

日盛りや葭雀に川の音もなき/一茶/寛政四年壬子

タイトルとURLをコピーしました