雪の香を使用した俳句

雪の香に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雪の香を含む俳句例

雪匂ふ鳥の子紙の漉雫/影島智子

相聞歌林檎の如く雪匂へ/内藤吐天

水仙の香やこぼれても雪の上/千代女

狩の宿夫と来て雪匂ひつつ/小池文子

雪の香や街角に出し花売女/飯田蛇笏

草木染の新絹のみな雪の香に/田中英子

跼まれば雪にほのぼの路傍仏/村越化石

逢ひし夜雪の香脱けぬ黒髪よ/三好潤子

除雪夫ら酒飲みこぼす雪匂ふ/西村公鳳

雪の夜の水屋にこもる檜の香/影島智子

雪の道来てなつかしむ煙の香/村越化石

雪の香や地上ひそかに墓の群/西島麥南

雪匂ふ御嶽の闇や干菜風呂/市村究一郎

霏々翩々雪の香舗の香を買う/橋本夢道

かぜ晴れて氷雪の香をはこびくる/瀧春一

しん~と雪匂ふ日の盛りかな/金尾梅の門

雪の香濃し頂近くわが香失す/加藤知世子

雪卸し吾が家に入るも雪匂ふ/黒田桜の園

雪女郎消え雪の香の濃きところ/長山あや

歯にあてて雪の香ふかき林檎かな/渡辺水巴

俳句例:21句目~

歯にあてゝ雪の香ふかき林檎かな/渡辺水巴

白樺街道雪の香を呼ぶ白ばんば/鳥居おさむ

雪にほふをさなきものの群にゐて/木村蕪城

雪の香に炉辺の嬰児を抱きて出ぬ/飯田蛇笏

しんしんと雪の香に帰す姉に会ふ/加藤知世子

ゆきぐにの水雪匂う酔後の歩/赤城さかえ句集

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました