金曜日を使用した俳句

金曜日に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

金曜日を含む俳句例

その人の煙草の香り聖金曜/能城檀

唇あけて聖金曜の収税吏/長谷川双

機の窓や聖金曜の朱き月/小池文子

葉牡丹に恋が渦巻く金曜日/浜明史

金曜は花の来る日や冬籠/佐伯哲草

サルビアが恥へ傾く金曜日/坪内稔典

太白に聖金曜日日落ちたり/室積徂春

帯留の金具冷たし聖金曜/古賀まり子

秘そと断つ聖金曜の昼の食/景山筍吉

通草まで死鶏を降ろす金曜日/高岡修

年輪に腰下ろし聖金曜日昏る/須知白塔

暖房や今日十三日金曜日/久保田万太郎

火を消して聖金曜の主に近し/内田哀而

片栗の花うつむいて金曜日/中野路得子

粥栄えて聖金曜日暮れにけり/羽田貞雄

聖金曜日の食卓を浄めけり/小泉瀬衣子

薔薇よりも青年匂う聖金曜日/楠本憲吉

蟻の巣の出入りはげしき金曜日/大高翔

鶏舎いでて鶏昏らし聖金曜日/長谷川双

聖金曜の創なき手足湯に伸ばす/石川冬扇

俳句例:21句目~

聖金曜トランペットは転調す/山地春眠子

金曜日小雨ガーベラの黄の記憶/駒志津子

空にまっかなうろこが跳ねる金曜日/穴井太

聖金曜のオルガン低し辛夷の芽/古賀まり子

聖金曜日かすむ浅間の裾かぐろく/後藤一朗

金曜日が好きで韮/鯖/浅蜊買ふ/正木ゆう子

髪もて吊るす乾し首の十三日の金曜市場/高柳重信

金曜日のおるがん/木製の父は懐れるため/星永文夫

タイトルとURLをコピーしました