皆を使用した俳句

皆に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

皆を含む俳句例

万木皆姥桜なり帰り花/工云

猫実や皆雪とがる細舳/林翔

秋風や皆紅の舞ひ扇/会津八一

行秋や皆橋かけて落し水/蓼太

炎皆大地に沈む焚火かな/鶏二

雪山の雪の立錐皆檜/橋本鶏二

橋裏を皆打仰ぐ涼舟/高浜虚子

晩涼に池の萍皆動く/高浜虚子

懸乞に皆食はれしか螺肴/梅間

宿々は皆新茶なり麦の秋/許六

皆光る雨夜の星や虫の声/野坡

寒声や皆女房をもたぬ人/遊也

皆人の昼寝の種や夏の月/貞徳

尊さに皆押あひぬ御遷宮/芭蕉

元朝や皆見覺の紋處/正岡子規

山寺や黄菊白菊皆膾/野村喜舟

一船は皆裸なり雲の峯/正岡子規

運び来る僧皆若し十夜粥/原石鼎

陸地皆黒き山塊納涼船/右城暮石

蜜蜂の巣箱三百皆重し/依田明倫

俳句例:21句目~

卒業子大方は皆村を出る/杉艸子

若緑天上天下皆独尊/阿部宗一郎

花咲くや皆丸腰の供つれて/正秀

大江戸や動くもの皆大晦日/戯道

花傘を皆打仰ぐ磧かな/野村泊月

郵便船迎え島の子皆裸/和田知都

涼し黒し一船は皆丸裸/正岡子規

縁に人皆庭に向き夏衣/星野立子

結界に出し筍の皆太し/坂本丘川

窓明り皆煌々と熱帯夜/関口美子

波がしら皆一方へ宝舟/大橋杣男

京笠は皆駒曳のもどりなり/浪化

秋天や皆少年の墓の主/遠藤梧逸

秋の暮皆長靴の出稼人/大野林火

桜前線追手の兵の皆若き/仁平勝

周囲皆恋人同士大花火/森かつ子

患者皆南枕に月を浴ぶ/染谷十蒙

無一物これ皆常とゆふべ哉/亀世

啓蟄の堂塔僧伽皆動く/後藤夜半

初空の雲皆山にしづまりぬ/飄亭

俳句例:41句目~

祭客皆肌ぬいで葵かな/野村泊月

喰物も皆水臭し玉祭り/服部嵐雪

我影の皆になるまで月見哉/二貞

岩も皆鋸山や安房の海/正岡子規

此國の山皆まろき朧哉/寺田寅彦

短夜や皆雲に入る高き峯/原月舟

皆尖る桃の頭や籠の中/安達赤土

岩群の皆仏界や秋日和/内藤吐天

隠岐の山皆冬近き姿かな/敗天公

一山は皆畑なり秋の風/高木晴子

一村は家皆うごく砧哉/正岡子規

一村は皆船頭や磯千鳥/正岡子規

畑大根皆肩出して月浴びぬ/茅舎

掃苔の三人の子の皆女/高野素十

墜道も墜道も皆蜜柑山/鈴木花蓑

町内ハ皆忌服のある娘/正岡子規

一浜は皆裸なり雲の峯/正岡子規

鵙の宮遊ぶ村童皆跣足/橋本鶏二

白河も黒谷も皆もみぢかな/嵐山

冬波の百千万の皆起伏/高野素十

俳句例:61句目~

鬼灯市丹波千成皆青し/松藤夏山

香港の春暁の船皆動く/高濱虚子

風雲の秩父の柿は皆尖る/秋櫻子

きり~す桜の紅葉皆散りて/諷竹

凩や觀ずれば皆法の聲/正岡子規

風の蓮の皆翻る処躍る/尾崎紅葉

夕立や一船は皆裸なり/正岡子規

秋風や皆千年の物ばかり/正岡子規

秋風や眼中のもの皆俳句/高浜虚子

竹の秋竹の里歌皆淡し/相生垣瓜人

育ちたる子等皆遠し盆踊/山崎綾子

舟に橋に物干に皆月見哉/正岡子規

花咲や皆丸腰の供つれて/水田正秀

花籠に皆蕾なる辛夷かな/正岡子規

茶の点前済めば皆主婦日短/及川貞

茶の花は皆下向いて蜆蝶/北原白秋

菜飯食う皆相槌のうてる友/堀節子

落葉皆道祖神に走りけり/野村喜舟

葡萄作りは皆若者よ夏近し/瀧春一

蓮の實の皆西へ飛ぶ夕哉/正岡子規

俳句例:81句目~

参籠の皆出て仰ぐ盆の月/高井良秋

藪入や皆見覚えの木槿垣/正岡子規

けふ既に寒皆尽る柳かな/松岡青蘿

蛙皆うたふ水口まつり哉/正岡子規

蝶々や牛皆眠る八ツ下り/正岡子規

こどもの眼皆うららかに桜草/龍雨

蝸牛の皆動きをり雨の垣/高濱年尾

蝸牛皆動きをり文書かん/香西照雄

句始やほ句の同行皆機嫌/河野静雲

誰も皆靴冷たくて始発駅/櫂未知子

遣羽子の皆美しき娘かな/会津八一

野分跡倒れし木々も皆仏/高浜虚子

長雨の皆下向きに貴船菊/寺田順子

降る雪に白玉楼中皆会す/福田蓼汀

新藁や農のこと皆美しく/小杉余子

旅人に白皆ゆらぐ夕牡丹/近藤一鴻

すゝしさの皆打扮や袴能/正岡子規

降る雪や九死一生皆懺悔/橋本夢道

日の丸に皆礼拝や明治節/滝井孝作

雪は皆地へしみ込んで梅の花/李完

タイトルとURLをコピーしました