胸板を使用した俳句

胸板に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

胸板を含む俳句例

扉みな父の胸板十二月/澁谷道

胸板に夜空近づく祭の村/雅人

打水に胸板の如幹のあり/上野泰

つばくらに胸板貫かれ歩く/上野泰

人の情四囲の胸板夕涼み/石塚友二

初湯出し胸板赤き妻の父/辻田克巳

日の丸は父の胸板建国祭/宇咲冬男

胸板に朝霧さむし温亭忌/石田波郷

胸板に莨火うつる裸かな/橋本鶏二

寒泳の前胸板を羽交打ち/中戸川朝人

寒燈にしろき胸板盗汗拭く/中尾白雨

氷海に触れし胸板一夜熱し/川端麟太

胸板に夏の白浪くづれ去る/内藤吐天

胸板に夜風涼しみゐる患者/高澤良一

胸板に昼顔の花個人的なり/阿部完市

胸板に祭太鼓を打ちこまれ/山口誓子

胸板をこぼれて熱し麦の飯/萩原麦草

胸板を見せて着替へや山始/中坪達哉

雄鶏の胸板厚しひこばゆる/丸山靖子

ひとへもの薄き胸板父に似て/高橋馬相

俳句例:21句目~

二分咲の胸板薄し菊の武者/平井さち子

坑衣脱ぎ汗の胸板一と拭ひ/高橋しげを

枇杷葉湯のむ胸板に風かよひ/寺沢夢宵

胸板を流るゝ汗や坑出づる/戸澤寒子房

キリストの胸板うすき淑気かな/那須淳男

胸板とふ眼鏡の置き処三尺寝/小沢きく子

胸板に受けとめし玉せりにけり/江副菜風

胸板を濡らして朝の花野より/片山由美子

美しき駅を建てむと胸板の傾斜にふれつ/汽車知らぬイエス/水原紫苑

タイトルとURLをコピーしました