馬場を使用した俳句

馬場に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

馬場を含む俳句例

流鏑馬の馬場が整ひ秋祭/栗原満

霜柱馬場を持上げ朝稽古/早川典江

初鶏の声さやかなり宮の馬場/上村占

夕長し馬場にあまたの松毬/宮坂静生

春泥や馬場に少女と少年と/山崎悦子

昭和天皇誕生日馬場の土埃/遠山陽子

秋風や馬場の草むら犬走る/正岡子規

繋がれて馬場の草食む祭馬/野崎夜潮

降る雪に馬が首ふる馬場始/大野芳子

青北風や土塊荒き馬場の朝/上野草子

つみ草や馬のはせきぬ馬場の末/炭太祇

新しき杭打ち込まる花の馬場/館岡沙緻

調教馬二日の馬場をひた走る/佐藤信子

達治忌の三田に桜馬場ありき/鈴木詮子

馬場裏や夜の新樹の石だたみ/宮坂静生

乗り入れて馬場の春泥匂ふかな/西村和子

廃村次ぐ裏山馬場に桜散り/鍵和田ゆう子

草の穂や渚のごとく馬場の砂/大木あまり

馬場乾き少尉の首が跳ねまはる/渡邊白泉

ポニー馬場までの花野の傾けり/中戸川朝人

俳句例:21句目~

冬小雨馬場けむらせてレース果つ/片岡亮一

日あたりや馬場のあとなる水仙花/正岡子規

野馬追や馬場の砂塵を浴びる席/柳澤仙渡子

馬場あとは野蒜の晴でありにけり/吉田紫乃

馬場長しきちきち一気には飛べず/中瀬喜陽

卒業のまつすぐ馬場に来てゐたり/波多野爽波

椅子は子の高さ花野のポニー馬場/中戸川朝人

馬場ひらく葵祭の幕あけに/谷中隆子「花蓼」

タイトルとURLをコピーしました