米櫃を使用した俳句

米櫃に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

米櫃を含む俳句例

米櫃の米の感触螢の夜/上田操

梟や米櫃に母米満たす/榎本好宏

祭壇の下に米櫃神楽宿/津田清子

米櫃に米屋が呉れし鷹の爪/森重夫

米櫃の米揉みてみる鳥雲に/中田剛

麥秋の米櫃におく仏の燈/飯田蛇笏

ひとり米櫃穀象に隙みせず/石川桂郎

塩壺に塩米櫃に米春を待つ/菖蒲あや

底みせて米櫃晒す葉月かな/手塚美佐

米櫃に棲むははの声敗戦忌/木田千女

米櫃に米満たす妻桃の花/磯貝碧蹄館

米櫃に銀の紙貼り秋の母/磯貝碧蹄館

米櫃や米にたくはふ柿一つ/正岡子規

米櫃を出て穀象のよろけゐし/高木良多

米櫃を干して新米満しけり/加藤あき江

遺された父/米櫃に米充たす/坂野宣枝

二百十日米櫃干されゐたりけり/鈴木黎子

米櫃の中をしづかに春逝けり/正木ゆう子

米櫃に熟れし通草をもてなさる/瀧澤伊代次

米櫃の米を確む夏の月/山下知津子「髪膚」

俳句例:21句目~

米櫃に日の目を見せる芙美子の忌/原田走日朗

米櫃というこんな悲しいもの誰が創った/乾淇一郎

タイトルとURLをコピーしました