野球を使用した俳句

野球に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

野球を含む俳句例

日雷女に流行る野球帽/黒岩秀子

野球部の坊主頭や紅蜀葵/冨田正吉

黄金の蓮へ帰る野球かな/攝津幸彦

三寒の空へ飛び出す野球帽/原田和子

夏近し野球部のみな丸坊主/橋本榮治

異口同音に野球専修百千鳥/香西照雄

緑蔭の野球の球が緑蔭ヘ/鈴木洋々子

野球見の大日輪に魂酔へり/飯田蛇笏

野球部の大声の初詣かな/甲斐多津雄

夕立や野球の子等は物置に/下崎真理子

校名の消えて野球の夏終る/足立みつお

野球帽阿弥陀被りに踊りける/渡辺倫子

銀杏散る野球少女の帽子にも/仙田洋子

霜柱野球の児等にくずされる/田原弘子

上海陥落工場野球よく晴れたり/細谷源二

工場野球軍籍もてる掌をひらく/細谷源二

廃校の野球ベースに木の葉とぶ/水田江葦

梅雨晴や野球知らねばラヂオ消す/及川貞

野球観に母の日の妻連れ出しぬ/奈良文夫

高架より見ゆ土間の芋野球具も/宮武寒々

俳句例:21句目~

少年野球わあわあと蝉じいじいと/宮坂静生

工場野球外野手兵となりて戻らず/細谷源二

月の寺蓮華は野球をして眠らない/西川徹郎

淫らな野球する野球人しびとばな/西川徹郎

スポンサーのご好意によりまだ野球/筑紫磐井

薬罐灼けすぐにアウトとなる野球/八木三日女

夕焼の空のサイレン野球果つ/雨月/大橋櫻坡子

脚冷えて立ちて観ていし孤児の野球/鈴木六林男

タイトルとURLをコピーしました