水夫を使用した俳句

水夫に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水夫を含む俳句例

犬とゐて春を惜める水夫かな/篠原

拱いて少年水夫春の潮/島村元句集

小松島歩く日焼の水夫ばかり/河野穣

水夫町や晩菊と照る舟箪笥/野沢節子

昔知る水夫に逢ひぬ春の町/正岡子規

若き水夫巷の暦提げ帰る/米沢吾亦紅

雛過ぎの陸を失ひたる水夫/齋藤愼爾

どやどやと拝殿に入る祭水夫/伊藤孝子

秋風や水夫にかゞやく港の灯/飯田蛇笏

低唱の水夫長/雲が燃えおちる/穴井太

冬濤の恐さを水夫識つてをり/柴田道人

月いづる水夫舷側に顎をのせ/岸風三楼

夏羽の美貌の水夫へ貝つもの/攝津幸彦

秋燕や水夫はしきりに水使ふ/木村蕪城

泊船の水夫提げゆく朱欒かな/皆川盤水

貝寄や櫂を上げたる水夫二人/飯田蛇笏

離火坎水夫婦喧嘩に年くるゝ/正岡子規

鯨水夫キャビンに海洋図を囲む/久保武

鳥雲に指輪みがける老水夫/神尾久美子

去ぬ燕水夫ら溜まる風の埠頭/櫛原希伊子

俳句例:21句目~

手焙に水夫を描くも安房なれば/吉田紫乃

酒場灰色北欧水夫の髪溶けそう/伊丹公子

本をよむ水夫に低き日覆かな/楠目橙黄子

梅雨の水夫遠き港の傘させり/米沢吾亦紅

水夫の瞳デッキに碧く雨ふれり/滑川春蕾

老いし水夫吹雪の面を手に拭ふ/加藤楸邨

黒南風や水夫もみあげの汗微塵/塚本邦雄

夜光虫詩なき水夫も目に見たり/山口波津女

ゴンドラの船首に薔薇を挿して水夫/皆吉司

水夫に吹く風海からも陸からも/宇多喜代子

水夫と女ゆきて野分の夜に没す/榎本冬一郎

枸杞の芽や星原に水夫降り立ちぬ/水野真由美

夜具干して労働祭の水夫かへらず/米沢吾亦紅

手花火や酔ひもどり来る水夫の手に/米沢吾亦紅

タイトルとURLをコピーしました