蟠りを使用した俳句

蟠りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

蟠りを含む俳句例

稲光大きな雲の蟠り/上野泰

百千鳥朱壁の龍の蟠る/福田蓼汀

秋潮の紺消す雲の蟠り/阿部みどり女

白昼の翳わだかまる蟻地獄/伊藤虚舟

なまこ噛み老若といふ蟠り/伊丹さち子

いもり来て吃水線のわだかまる/大西恵

口腔にわだかまりけり森の端/攝津幸彦

晴天の鮟鱇といふわだかまり/今瀬剛一

胸中に梅雨わだかまる杭一つ/中村明子

樹下にすわるこころに蛇の蟠り/安井浩司

欅老樹に瘤わだかまる蜘蛛太鼓/巌谷小波

毛虫焼く二人のなかのわだかまり/上村占

わだかまりとある日解けて返り花/高澤良一

わだかまり解けねば空に草矢打つ/飯塚芳江

地のはてに山わだかまり凍死せる/森川暁水

短日や夫婦の仲のわだかまり/久保田万太郎

わだかまりあるかに麦を踏む二人/片山由美子

わだかまりいつか解けをり蝌蚪の陣/橋本博子

わだかまりすつと落ちゆくソーダ水/脇坂啓子

わだかまるものを投げ込む焚火かな/小倉涌史

俳句例:21句目~

会議終ふ池の冬藻のわだかまり/鍵和田ゆう子

変体仮名にわだかまる頭や桜餅/鍵和田ゆう子

牡丹薫ず旅でほぐれしわだかまり/稲垣きくの

日暮れ胸裡に冥府の空母わだかまる/林田紀音夫

風邪の眼に解きたる帯がわだかまる/橋本多佳子

わだかまり解けて薔薇の芽とげの間に/宮脇美智子

蟇踏んでしまひし夜のわだかまり/大口公恵「花樗」

タイトルとURLをコピーしました