前世を使用した俳句

前世に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

前世を含む俳句例

抱擁し前世を鶴と疑わず/山下正雄

前の世は刈草かわく匂ひかな/龍太

蛤殻に前の世を鳴く友雀/正岡子規

前世は水なり焚火よく爆ぜる/穴井太

思ひやるおのが前世や冬籠/正岡子規

放蕩やビルに前世の落花生/攝津幸彦

足引きの山師前世は真虫とも/仁平勝

前の世も桜紅葉も昏れなづむ/秦夕美

前世は第三間氷期にいたような/流智明

前世より淋しく生きて鴨足草/伊藤通弘

晩鳥の前世の匂ひもて飛べり/大木孝子

狸すぐ隠れ前世紀ホテルの鍵/伊丹公子

前の世も女なりしよ星祀る/加藤三七子

リラリラと前世からの射精かな/加藤郁乎

炎天や前世のやうに異国を過ぎ/桑原三郎

獅子を狩る男でありし前世かな/和田悟朗

金雀枝に前世のごとき記憶あり/平井照敏

魚なりし前世に呼ばる落葉川/鳥居美智子

前の世もその前の世も飛ぶ蛍/大峯あきら

前世とはどのあたりかと蛇穴に/岸本マチ子

俳句例:21句目~

前世にてながめし野焼かもしれぬ/岸田雨童

湯豆腐や虚子の世といふ前世あり/三森鉄治

聴きなれしピアノの底の前世かな/田中信克

木の實くふ我が前の世は猿か鳥か/正岡子規

前世にも日向ぼこりに飽かざりし/相生垣瓜人

妻となる前世のけぶれるははきぐさ/筑紫磐井

前世より煮〆めてゐたる牛蒡かな/たむらちせい

前世は竜でありしと蚯蚓言ふ/高田風人子「明易し」

タイトルとURLをコピーしました