花街を使用した俳句

花街に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

花街を含む俳句例

花街に京舞を守り事始/井上芳江

抜けさせて貰ふ花街福詣/久保一岩

白粉気抜けし花街鳥総松/岡部義男

花街に子供少なき地蔵盆/竹野梢星

花街に黄檗の寺陽炎へり/福島壺春

花街の雨の冬草故郷かな/長谷川双

やぼ用で抜ける花街風光る/橋本榮治

日が語る花街生活海を背に/飯田蛇笏

春寒し花町の情うすれゆく/大野彰子

花街の出格子拭かれ菊大輪/桐山秀峰

花街の昼湯が開いて生姜市/菖蒲あや

花街を通り抜けゆく懐手/安達トミ子

花街果て凍る灯とぼす狸神/高井北杜

大餝り花街は月の幽らけれど/飯田蛇笏

湯島より新花町へ初蝶々/長谷川かな女

艪かついで花街よぎる盆の昼/宮武寒々

花町のさびれし室津鰈干す/山内二三子

花町の窓なりの飛ぶひかり/宇多喜代子

花街のネオン師走の雨に濡れ/本宮哲郎

葛の花街を見下ろす高さにて/籏本春美

俳句例:21句目~

切り花の中に菜の花街の花舗/法本フミ女

大門は花街の関所身にぞ入む/安立富美子

手毬唄花街に人となりにけり/大橋櫻坡子

暮れさうで暮れぬ花街水を打つ/松村多美

花街の路地を出て来し寒行僧/菅原野火男

無花果の熟るゝ花街の濯ぎもの/殿村菟絲子

花街みて夜の金雀枝の前にたつ/渡辺七三郎

けんぽなし手に花街を抜けにけり/沢田まさみ

鱶さげて花町へ行く/三月はいらんか/星永文夫

タイトルとURLをコピーしました