髑髏を使用した俳句

髑髏に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

髑髏を含む俳句例

夕かほのそれは髑髏か鉢叩/蕪村

ゆふがほのそれは髑髏歟鉢敲/蕪村

一休の髑髏と語る日永哉/寺田寅彦

十萬の髑髏の夢や草の霜/正岡子規

宵闇や髑髏経よむ紀路の山/中勘助

濁酒あり星と野犬の髑髏/金子兜太

焼跡の兜おこせば子の髑髏/中勘助

狐火や髑髏に雨のたまる夜に/蕪村

野を焼や小町が髑髏不言/高井几董

髑髏圖も弱冷房裡国芳展/高澤良一

髑髏磨く砂漠の月日かな/津田清子

世のあやめ見ずや菰の髑髏/服部嵐雪

五月闇髑髏に密な縫目あり/石川洋子

地芝居の紙で拵へたる髑髏/岩崎皓子

降る雪や野には舌持つ髑髏/夏石番矢

から鮭の髑髏に風の起るかな/正岡子規

五社堂の髑髏に春の影立てり/今野治子

夕立の叩き出したる髑髏かな/正岡子規

春水に髑髏となりて映りけり/仙田洋子

踊るなり月に髑髏の影を曳き/三橋鷹女

俳句例:21句目~

陽炎や髑髏の方へそぞろ神/加藤知世子

雑炊に顎動かせる髑髏かな/磯貝碧蹄館

髑髏みな舌うしなへり秋の風/高橋睦郎

鰒汁や髑髏をかざる醫者の家/正岡子規

螻蛄鳴くや漆かぶれの髑髏/小島ノブヨシ

髑髏に眼あるかに冥く梅雨深し/福田蓼汀

日ざす喫泉濡れけるままに髑髏消ゆ/磯貝碧蹄館

髑髏の眼われを見詰めて黴びてをり/野見山朱鳥

山あひの月にぞ語る莫斯科にわかき妻もついく髑髏ども/与謝野鉄幹

タイトルとURLをコピーしました