二十歳を使用した俳句

二十歳に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

二十歳を含む俳句例

一兵の遺影は二十歳十三夜/鈴木信行

二十歳つよき凍星のみ愛す/矢口/晃

沖を行き父を旅ゆく二十歳/高柳重信

雲間より光/反乱の二十歳/松本恭子

二十歳の日と同じ紅曼珠沙華/津田清子

我が二十歳韃靼に在り敗戦日/古江腎定

明日二十歳逝く秋一日我ままに/弓削裕

秋光に遠き落馬の騎手二十歳/対馬康子

門跡は二十歳におはす濃山吹/福島壺春

雪嶺の上の青空子は二十歳/越智千枝子

ラブと彫る青きかりんや二十歳/対馬康子

天球図持ちし煬帝二十歳のまま/藍原弘和

寒椿活くるこの手に二十歳待つ/山岡季郷

母と踊るうなじの二十歳巴里祭/小池文子

髭剃りて明るき二十歳水澄める/都筑智子

たやすくは二十歳の水着選ばれず/辻美奈子

初場所の力士二十歳となりにけり/岸本尚毅

朱線の書わが二十歳なる敗戦日/倉林ひでを

軍服に二十歳の春は包みきれず/相原左義長

通し矢の乙女二十才の袖しぼり/大久保正馬

俳句例:21句目~

かなかなに二十歳の時の空あるごと/香西照雄

くろがねのわたしの二十歳潮満つや/安井昌子

わが二十歳連翹の名を質舗に訊き/磯貝碧蹄館

長き夜にまぎれ二十歳となりにけり/大迫浩二

その児二十歳……刃物十本刺さりたり/江里昭彦

処女二十歳に夏痩がなにピアノ弾け/竹下しづの女

早春の雲浮く玻璃をみがくなりいつも二十歳の母と並びて/佐伯裕子

タイトルとURLをコピーしました