気に入るを使用した俳句

気に入るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

気に入るを含む俳句例

気に入らぬ遊女眠りぬ朧月/正岡子規

気に入らぬ髪結直すあつさ哉/荷風/

麦の秋文学父の気に入らず/唐沢樹子

台湾の餅の甘さの気に入りぬ/後藤夜半

萱山を僧侶山とふ気に入りし/後藤綾子

咳くや篆刻どれも気に入らず/佐々木六戈

気に入りてゐし丁子屋の隙間風/茨木和生

気に入りの春服を出す心当て/能村登四郎

気に入りの紐見つからず夏羽織/薗部庚申

気に入りの鉢より始め松手入れ/上松精一

紅葉かつ散る気に入らぬ服なりし/辻桃子

老人の気に入つてゐる冬木かな/岡井省二

くさぐさの団扇の中のお気に入り/高澤良一

弾丸どころ気に入らぬとふ猪の皮/石田勝彦

桔梗やひとのすること気に入らぬ/辻田克巳

気に入つてをりし今年の松を取る/高木晴子

玉虫の気に入らざれば死ににけり/永末恵子

糸瓜忌に出来て俗だが気に入る句/高澤良一

避寒して鏡台の気に入らぬまま/波多野爽波

結ひかへて髪気に入らず冬日影/長谷川零餘子

俳句例:21句目~

芍薬の後ろ姿が気に入らぬ/鳴戸奈菜「微笑」

買ひに往て絵の気に入らぬ団扇かな/正岡子規

足ざぶと漬けてこの川床気に入りし/西村和子

気に入らぬもの跳び越えてあめんぼう/右城暮石

気に入りのおもちや召し寄せ風邪の床/西村和子

フランスのシェフ気に入りしいさきとや/稲畑広太郎

水鳥よぷい~何が気に入らぬ/一茶/文化十年癸酉

タイトルとURLをコピーしました