自動車を使用した俳句

自動車に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

自動車を含む俳句例

自動車と蔦の月夜や玄関は/杞陽

楓芽を紅に自動車教習所/和知喜八

自動車と駕と麓に冬紅葉/高浜虚子

蜩や自動車倚せて杉の下/野村泊月

自動車の光さしこむ冬木立/西山泊雲

報恩講農の自動車闇に駐め/寒川北嶺

春著着て乗合自動車内宮前/高澤良一

自動車の陰の俥や春の雨/大場白水郎

自動車の過ぎし埃に秋の蝶/星野立子

自動車の止りし気配春の闇/星野立子

秋晴に豆自動車も走りをり/高木晴子

自動車の型を覚えて避暑終る/森田峠

自動車とバスの間に風花が/京極杞陽

長橋を自動車流れ秋高し/吉良比呂武

ワッ~と自動車に乗り七五三/京極杞陽

自動車を下りて挨拶避暑夫人/星野立子

青楡の森の奥処へ自動車疾く/日野草城

人のごと時雨自動車立ち迷ひ/中村汀女

自動車に擦過されたる日短か/相馬遷子

秋の風秋の川自動車速さ増す/林原耒井

俳句例:21句目~

春宵の自動車平凡な人と乗る/藤木清子

自動車も水のひとつや秋の暮/攝津幸彦

自動車に昼凄惨な寝顔を見き/渡辺白泉

秋晴のまづ自動車を磨きあげ/京極高忠

空港に初夏の自動車輝き来/成瀬正とし

自動車の大きなカーブ月の町/高木晴子

自動車の墓場に山の雪が降る/鈴木貞雄

自動車を欲しやと思ふ秋の風/京極杞陽

襟巻を垂らして女自動車より/高濱年尾

自動車に松葉牡丹の照りかへし/中村汀女

自動車のとまりしところ冬の山/高野素十

自動車のとまりし音や青簾/久保田万太郎

自動車のぱたんとしまる峡涼し/京極杞陽

自動車のほこり浴びても蕗の薹/寺田寅彦

自動車の下向きとまる春の山/波多野爽波

自動車の中で日焼けし指輪の手/京極杞陽

自動車の中の日ぬくし枯野行く/新田充穂

自動車の幅いつぱいの墓参道/青葉三角草

自動車の座席灼けゐて人を待つ/長谷川櫂

自動車の瓦斯のけむりが昼顔に/京極杞陽

俳句例:41句目~

自動車の銀のひかりが躑躅ごし/京極杞陽

自動車や梅の小村を馳せ交ひ/楠目橙黄子

自動車を下りしところの草紅葉/野村泊月

京扇夜となり使う自動車中/長谷川かな女

自動車を素足で下りて潮干狩/青葉三角草

自動車洗ふ水を惜しまず秋風裡/永井龍男

自動車解体こほろぎ産卵管を地ヘ/上村占

古き型の自動車はしり避寒町/波多野爽波

短夜の自動車つどひ散るホテル/京極杞陽

自動車に乗る猟犬や真つ先に/青葉三角草

乗り捨てし自動車遠き花野かな/青葉三角草

自動車でガラス戸が来て蝶が来た/池田澄子

一自動車雪に灯消して静まりぬ/田川飛旅子

自動車を廻しかねゐる夜の枯木/波多野爽波

自動車の灯にまつくらな鴨の湖/波多野爽波

灯を消して待つ自動車や春の月/楠目橙黄子

覆ひして鈍なる自動車日のさくら/友岡子郷

春暁の八ッ手と光る自動車かな/金尾梅の門

自動車をくるりと廻すリラと擦れ/京極杞陽

自動車を下りずにまつや春の雪/久保田万太郎

俳句例:61句目~

春の雲自動車の流れには溺れず/長谷川かな女

晩涼の自動車まれに途切れけり/久保田万太郎

自動車に買ひし薔薇の香閉じこめし/嶋田摩耶子

自動車疾き音のきこえ来落葉かな/久保田万太郎

自動車をにげる人こがらしに走る子ども/京極杞陽

葱の坊主に自動車待ちて手をあぐる/長谷川かな女

自動車ぐるりにつらら滂沱や子を発たせ/平井さち子

自動車が好きで好きで金色の自動車にのつてゆく子/中原礼二

タイトルとURLをコピーしました