嗚咽を使用した俳句

嗚咽に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

嗚咽を含む俳句例

冬菫少年挙で嗚咽せり/斎藤愼爾

嗚咽して御飯を鵜呑み簟/赤松子

老人の嗚咽ひさしき蝶の昼/岸田稚

吊榾に紅葉吹雪の嗚咽かな/阿部佑介

噴烟の嗚咽が襲ふ夕焼寒ム/石原八束

春蝉の嗚咽が少し若狭塗/吉田透思朗

朽舟の嗚咽の如し虎落笛/三上美津女

秋雷の終りは嗚咽隠岐の島/熊谷愛子

遠蛙ならず嗚咽の秋しぐれ/山口草堂

頂上や嗚咽のごとく遠き街/和田悟朗

嗚咽しつつ産卵見てをり葛繁る/竹中宏

旅びとの嗚咽がひそむ冬切株/渡辺恭子

昼深く嗚咽に似たる旗のぼる/守谷茂泰

朝の母の嗚咽ひろがる桃の花/坪内稔典

松明けの天の岸辺の嗚咽かな/佐藤鬼房

満開の嗚咽ばかりや桜の夜/高野ムツオ

白鳥やすでに嗚咽の口あけて/金田咲子

野苺に天の嗚咽のはじまれり/小宮山遠

やがてやむ嗚咽虫声りんりんと/栗生純夫

春暁の嗚咽に似たる目覚めかな/野澤節子

俳句例:21句目~

白扇のひとり嗚咽をききゐたり/石原八束

義士屏風女の嗚咽えがかれず/上田フサ子

虫の音のつひには人の嗚咽かな/松村蒼石

メロン掬ひをりて不意に嗚咽かな/石川文子

咲ききつて梅が嗚咽の枝垂らす/河野多希女

海鼠食ふあくび嗚咽に変はるとき/仙田洋子

花菜畑は嗚咽のための終の場所/土岐錬太郎

うなぎ鳴くをんなが嗚咽もらすかに/熊谷愛子

通夜更くや嗚咽湧くかに遠蛙/聘/佐々木草馬

タイトルとURLをコピーしました