博多どんたくを使用した俳句

博多どんたくに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

博多どんたくを含む俳句例

朱柱に侍る地謡松囃子/山田弘子

上京は都さびたり松囃子/松瀬青々

一斉に平伏したり松囃子/高橋すゝむ

松囃子金剛流と停まり聴く/谷口自然

絵扇をひさぐ家なり松囃子/松瀬青々

肩衣を受けて終りや松囃子/佐野ゝ石

どんたくの人出の中の修道女/朽原ゆきを

どんたくの賑ひを見て帰らばや/高濱年尾

どんたくを人形店に避けて見る/下村梅子

枝町は淋しどんたく来るは稀/上野嘉太櫨

減つてゆく博多の人や松囃子/小原菁々子

笏正しく居睡る禰宜や松囃子/佐野青陽人

どんたくの夕べや灘のいなびかり/石盛游子

どんたくの夜は花火をふりかぶり/塩川雄三

どんたくの帰路の人出を避ける道/稲畑汀子

どんたくの疲れもありし朝寝かな/高濱年尾

どんたくの連れに遅れて走りけり/伊藤通明

どんたくの雨くぐり来る仁輪加面/片山白城

どんたくの鼓の音ももどりなる/吉岡禅寺洞

志賀の海女舟漕ぎ博多どんたくに/田代月哉

俳句例:21句目~

どんたくが好きで踊つて老見せず/岡部六弥太

どんたくのきのふを遠くこもり縫ふ/清原枴童

どんたくの仮面はづせし人の老い/橋本多佳子

どんたくの波止一片の菜屑浮く/野見火ひふみ

どんたくの鼓をさげてはぐれたる/井上鳥三公

どんたくは囃しながらにあるくなり/橋本鶏二

どんたくの人に押さるゝばかりなる/都甲/康枝

どんたく囃子玄海に燈を探せどなし/橋本多佳子

タイトルとURLをコピーしました