裏窓を使用した俳句

裏窓に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

裏窓を含む俳句例

裏窓の裸醜し又美し/瀧春一

正月の凧裏窓に漂へり/風間加代

医学部の裏窓灯す新樹中/小川晴子

燈台の裏窓一本の葱吊す/古館曹人

石竹の小さき鉢を裏窓に/富安風生

秋灯下人影同じ裏窓に/小川濤美子

裏窓に富士の裾曳く雛まつり/原裕

裏窓に海鳴り越の宵節句/伊藤京子

裏窓に葎せまれり鮎番屋/野沢節子

裏窓に補正下着と風鈴と/松永典子

裏窓の愁思稜線濃く淡く/加藤耕子

裏窓の涙を溜めて年移る/青野敦子

裏窓の雪に顏出す女かな/正岡子規

裏窓は私のもの花木槿/松崎早智子

川の渦光る裏窓布団干す/加藤知世子

粕汁や裏窓にある波がしら/千田一路

裏窓に夕日さしこむ殘暑哉/正岡子規

裏窓に夜の崖迫り甜瓜食ふ/戸川稲村

金雀枝や喪の裏窓の鬱金色/小池文子

開け放つ宿の裏窓著莪の花/二村典子

俳句例:21句目~

風景へ朝の裏窓紅葉づれる/杉野一博

かなかなや裏窓明けて裏の山/草間時彦

裏窓に干されあるもの秋の暮/愛澤豊嗣

裏窓に干し物ゆれて競漕す/新谷のりこ

裏窓のビジネスホテル夏の川/山内茉莉

裏窓を飾る青柿吾子生れし/深見けん二

オペラ座の裏窓ひらく夜の秋/市ヶ谷洋子

裏窓に木守柿見え独り住み/鍵和田ゆう子

バレンタインデー裏窓に囲まれて/森村文子

死ぬものは死ぬのうぜんを呼ぶ裏窓/栗林千津

雪崩が恐い裏窓夜具の緋色延べる/伊丹三樹彦

タイトルとURLをコピーしました