濡縁を使用した俳句

濡縁に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

濡縁を含む俳句例

客人として濡縁の桐一葉/手塚美佐

春霰ぬれ縁せまき五合庵/渡辺陸郎

月よしと縁に出で又濡縁に/上野泰

秋冷や濡縁古びゆく色に/高木晴子

あによめは濡縁に棲む月の暈/仁平勝

啓蟄や脱ぎし羽織を濡縁に/星野立子

濡縁に一塵おかず解夏の寺/竹内素風

濡縁で聞きて夜蝉の腹話術/高澤良一

濡縁に釘ひとつなき花明り/長谷川櫂

濡縁に雨の後なる一葉かな/高浜虚子

ぬれ縁の干坐布団や沈丁花/河野静雲

ぬれ縁や薺こぼるる土ながら/嵐/雪

濡縁や薺こぼるゝ土ながら/服部嵐雪

灰皿が濡縁にあり天の川/梶山千鶴子

くさぐさの影濡縁に月祀る/片山由美子

濡縁に戸開くを待てり猫の夫/星野立子

濡縁のとことん乾く敗戦日/宇多喜代子

濡縁のぬれては乾く百千鳥/中尾寿美子

濡縁の南瓜に冬至近づきぬ/大星たかし

濡縁に立てば日のあり石蕗の花/上村占

俳句例:21句目~

濡縁に宿場の名残り星まつる/宮坂静生

ぬれ縁に向けし枕や暑気中り/稲垣きくの

ぬれ縁のとことん乾く敗戦日/宇多喜代子

切干しに濡縁の日を搦めとる/平井伊佐子

地に這ふ朝顔濡縁木目骨のごと/宮坂静生

濡縁と下駄と手花火そして母/名井ひろし

濡縁にいづくとも無き落花かな/高浜虚子

濡縁にリラを眺めてゆくりなし/後藤夜半

濡縁へ上つてみたき蜥蜴かな/ふけとしこ

濡縁に落梅三つ四つ寄せてあり/高澤良一

ぬれ縁にいづくともなき落花かな/高浜虚子

ぬれ縁をわづかに照らし盆燈籠/今井つる女

濡縁に母念ふ日ぞ今年竹/石田波郷「風切」

濡縁のぬくもりに触れ仏生会/鍵和田ゆう子

濡縁のわれに近づく牡丹あり/阿部みどり女

濡縁をすこし濡らしてしやぼん玉/八染藍子

濡縁へかたむいて来し今年竹/五十崎古郷句集

ぬれ縁のぬれもこそすれ梅雨ごもり/稲垣きくの

濡縁に夕べのひかり沙羅の花/藺草慶子「遠き木」

タイトルとURLをコピーしました