雪の原を使用した俳句

雪の原に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雪の原を含む俳句例

長々と川一すじや雪の原/凡兆

ながながと川一筋や雪の原/凡兆

雪の原猟銃音がわれを撃つ/遷子

雪の原道は自然と曲りけり/一茶

穴と見し所家なり雪の原/松瀬青々

雪の原とぶ夕雲の力なし/橋本鶏二

雪の原犬沈没し躍り出づ/川端茅舎

暮れてなほ天上蒼し雪の原/相馬遷子

本然の日と雪の原ここ母郷/成田千空

雪の原深夜の赤き月出づる/相馬遷子

風音にまじる音なし雪の原/相馬遷子

鴉二羽寄りつ離れつ雪の原/辻田菊子

たいくつな白樺佇てり雪の原/三輪初子

われとわが顔の昃りを雪の原/佐野良太

吹かるるは何の蔓もの雪の原/高澤良一

夕焼のかそかなりしか雪の原/相馬遷子

形代となるまで伏せむ雪の原/柿本多映

湯をかけて墓現はるる雪の原/藺草慶子

翔けゆきし影かたちなき雪の原/的野雄

葉のついてゐるのは柏雪の原/高木晴子

俳句例:21句目~

雪の原の一樹目がけて人通ふ/島田青峰

雪の原穴の見ゆるは川ならめ/寺田寅彦

またたかぬ一燈が刺す雪の原/鷲谷七菜子

何処やらにせゝらぎの音雪の原/西山泊雲

声出さば他人の声なり雪の原/小泉八重子

富士に添て富士見ぬ空ぞ雪の原/高井几董

湧きそめて星かぎりなし雪の原/相馬遷子

受難節の日矢むらさきに雪の原/鷲谷七菜子

雪の原ぼつこりとなる木陰かな/美濃-此筋

汽笛ひいひいと雪の原暮るゝ工場あり/栗林一石路

じゃみせんじょんから坊様に蹤きて雪の原/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました