本尊を使用した俳句

本尊に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

本尊を含む俳句例

出開帳頭の間のご本尊/高澤良一

本尊は榧の一木白椿/村上あけみ

本尊は粗末な如来山桜/茨木和生

鏡餅本尊諸仏諸菩薩に/山口笙堂

守り居る火燵を菴の本尊かな/丈草

明易き枕本尊ありにけり/尾崎迷堂

本尊の大きな皃や春の風/会津八一

本尊は大日如来春立てり/川崎展宏

とこしへの黒本尊や煤払/川名句一歩

城趾山眠る黒本尊とともに/松村蒼石

折釘に本尊かけたか鳥の籠/井原西鶴

本尊にひれ伏す黴の畳かな/滝口芳史

本尊に梯子立て掛け御身拭/小関忠彦

本尊へえにしの綱や御開帳/高濱年尾

本尊へ角切りし顔見せに鹿/亀井糸游

珊瑚樹の実やご本尊修復中/高澤良一

籾の内に本尊作るや田長鳥/井原西鶴

さくらさくら本尊覗けば釈迦如来/几董

ほととぎす本尊一本造りにて/山本洋子

守りゐる火燵を菴の本尊かな/内藤丈草

俳句例:21句目~

木枯に本尊のまなこ仰ぎけり/高田蝶衣

本尊にそはかそはかと蝶生る/丸山佳子

本尊のうしろ辺りやしづり雪/高澤良一

本尊の真上に憩ひお屋根替ふ/甚上澤美

本尊は知らぬ存ぜぬ蛇の衣/鈴鹿百合子

本尊は阿彌陀菊咲いて無住也/正岡子規

梅は実に掌に乗る程のご本尊/松根摩季

薬師本尊紅梅黒猫まわりみち/金子皆子

虫干のついでに見する本尊哉/正岡子規

いなかなや本尊様に見つめらる/北川繁子

ほんのりと枇杷の匂ひやご本尊/岸本尚毅

タイトルとURLをコピーしました