炙る/焙るを使用した俳句

炙る/焙るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

炙る/焙るを含む俳句例

芋焙る烟につれて去れしな/乙二

舟炙るとま屋の秋の夕哉/服部嵐雪

冷酒や柚味噌を炙る古火桶/正岡子規

春宵やこのこを炙る祇園町/矢島渚男

竹炙る匂ひはげしや冬仕度/久米正雄

酒粕を炙るゆふべや残り福/坂本宮尾

風干のさより炙るや春の雪/長谷川櫂

香ばしく子鮒炙るや春の雪/長谷川櫂

船虫を足下に肌を焙る海女/中村和徳

雨おとに川のり焙る松の内/角川春樹

氷炙る手のひらひらと義仲忌/関戸靖子

白雄忌の酒粕の肌理炙るなり/中原道夫

石狩の岩を炙る石積めり/長谷川かな女

肉炙るなどかなしけれ昼の虫/黒田杏子

飯蛸を炙る加減に口出せり/能村登四郎

借財や干鱈を焙る日に三度/秋元不死男

寒餅を焙る流鏑馬陣屋かな/小野田喜恵

文反古を焚きて手焙る雪の前/石川桂郎

汝を愛す雉子を焙る炎のごとく/齋藤玄

茶を焙る我と夜明けし雛かな/渡辺水巴

俳句例:21句目~

露寒し妻と手焙る喪のごとし/小林康治

とんど火の先づは松葉を炙る音/高澤良一

どんど火に焙る太腰よき子産め/岸風三樓

葬のことみな終りたる足焙る/町田しげき

蝗焼くまつ赤なる火に手を焙る/森川暁水

こがね打ちのべしからすみ炙るべし/小澤實

利かぬ手を餅炙るにも見せじとす/西本一都

あかがりを夜の高野の火に焙る/福島せいぎ

かなし日は和布のつづれ焙るなる/森川暁水

たたみいわし焙る祖父の手見え冬へ/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました