墓域を使用した俳句

墓域に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

墓域を含む俳句例

筍の尖見ゆ土葬墓域にて/品川鈴子

わが墓域摘み放題の蓬かな/野本京

人騒の墓域に及ぶ御命講/高澤良一

鶸舌頭千転茂吉墓域なり/堀口星眠

初茜海士の墓域は渚まで/山口都茂女

墓域抽く櫟直々栗鼠とばし/成田千空

峡移る冬日墓域を取り遺し/河野南畦

感銘や奈翁の墓域拝したる/河野静雲

霜径の行き着く処わが墓域/小出秋光

春泥は王の墓域の白砂にも/河野頼人

その墓域白の落花の蔽ふべし/野沢節子

夏雲の下なる墓域生きて購ふ/山口誓子

毒消売腰より立ちて墓域出づ/藤田湘子

花の空開いて小さき墓域あり/清水道子

花蜜柑墓域にかをり港なる/佐野まもる

蕨萌ゆる墓域校舎に続きたり/木村蕪城

蟻しげき墓域も旅の一こまに/中島斌男

陽炎や父母の墓域の下に住み/堀口星眠

馬も亡き数の墓域に草を刈る/佐野美智

あらはなる港の墓域浦施餓鬼/佐野まもる

俳句例:21句目~

まだ生きていてわが墓域深い雪/中島斌雄

墓域なす彼方もなべて蜜柑山/佐野まもる

墓域背にくくと冷えゆく枇杷の花/石寒太

枝打ちて墓域しばらく冬木の香/関戸靖子

春蝉や墓域がわれを待つ故郷/座光寺亭人

蕗の雨母が墓域の外にも降る/千代田葛彦

蝉生るゝ狭き墓域に凡に葬る/殿村菟絲子

露の村墓域とおもふばかりなり/飯田龍太

はまなすの枯れにつづける一墓域/木村蕪城

墓域の落葉飛び来て人を温むる/文挟夫佐恵

枯れ果てて誰か火を焚く子の墓域/飯田龍太

産み月の野鳩をまもる墓域の墓標/高柳重信

「月日欲し」鵤しじ啼く師の墓域/平井さち子

墓域にて棕櫚剥ぐ音の透きとほる/下村ひろし

浦島草島の墓域に石の門/岡崎光「朱肉の蓋」

孤児ら同じパン食ぶ墓域濃紫陽花/鍵和田ゆう子

タイトルとURLをコピーしました