祈祷を使用した俳句

祈祷に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

祈祷を含む俳句例

初祈祷僧正の声よく通る/森田純

浅草寺百灯ゆらぐ初祈祷/高岡榮子

祈祷待つ愛染堂に秋の蜂/福山理正

初祈祷善女の声の波となる/田中水桜

天國の祈祷に花の翳添へな/筑紫磐井

忌竹の湯釜焚き継ぐ春祈祷/巌谷小波

桔梗の蕾祈祷の調度に似る/高澤良一

祈祷師の倚れる炬燵の夕間暮/森田峠

祈祷師の家に深雪のかゝり人/森田峠

祈祷師の爪の老いざま夏終る/三谷昭

護摩祈祷待つ日溜や初薬師/富田潮児

がん封じ祈祷冬帽脱がずして/塩川雄三

初鳩は米享け人は祈祷受く/荒井登久子

大数珠を回す米寿の初祈祷/本間みつえ

朝涼の祈祷歌ながる牧草地/下村ひろし

花りんご祈祷師牛舎を訪れり/脇坂啓子

酒庫の祈祷しにけり今朝の冬/西山泊雲

一村に法螺の音ひびき初祈祷/菅野イチ子

寒雷ややがて祈祷にたちもどる/横山康夫

日だまりに祈祷を待てり初不動/川口/修

俳句例:21句目~

暴風の果の華麗な円に祈祷る/富澤赤黄男

盆経を消す祈祷さへ口籠りて/下村ひろし

祈祷るとき木の教会を梅雨つつむ/飛旅子

祈祷師のセーター厚く真赤なる/岩崎照子

聖堂の冷えしんしんと初祈祷/大場美夜子

青祈祷幣を飛ばしてしまひけり/茨木和生

野に雪の来て白狐寺の祈祷どき/文挟夫佐恵

僧院ホテルの点るワインは祈祷の灯/伊丹公子

窓の葵に祈祷の座立つ眩暈かな/長谷川かな女

雪だね祈祷師/はらはらひろがる淋巴腺/星永文夫

タイトルとURLをコピーしました