荒瀬を使用した俳句

荒瀬に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

荒瀬を含む俳句例

六月の鶯ひゞく荒瀬かな/渡辺水巴

荒瀬浪殺到し来る山女釣/福田蓼汀

一番鮭遡るや早瀬又荒瀬/水原秋櫻子

千鳥とび櫂揚げて舟荒瀬過ぐ/久保武

寒満月天竜荒瀬きらめくも/平澤/徹

桟や荒瀬をこむる蝉しぐれ/飯田蛇笏

荒瀬うつ崖の上なる天狗茸/杉本文彦

名月や耳聾ひまさる荒瀬越え/飯田蛇笏

山南に荒瀬のしぶき日を遠く/飯田蛇笏

渦解きて荒瀬のり越す冬の川/前田普羅

滝行者荒瀬の綱を一人づつ/松原智津子

秋暑く葛の葉がくり荒瀬澄む/飯田蛇笏

蛍火の流れ落ちゆく荒瀬見ゆ/山口誓子

青柳や天竜荒瀬落とし来て/松根東洋城

首あげて振りて荒瀬を蛇渡る/京極杞陽

鮎釣れり荒瀬に梵鐘撞く如し/久保筑峯

おぼろ夜の橋に荒瀬のひゞくなり/上村占

より添うて流灯荒瀬に入りけり/末兼美芳

冷え冷えと宇治の荒瀬の生みし風/関木瓜

吹雪濃し荒瀬のひゞき遠ざかる/前田普羅

俳句例:21句目~

夏蚕上簇荒瀬くぐらし笊洗う/阿部しろう

夏蝶の越えゆく荒瀬とどろくも/内藤吐天

早蕨をからんと越ゆる荒瀬かな/西島麦南

林檎咲き荒瀬北指す川ばかり/水原秋櫻子

火屑浴び絖のごとくに荒瀬の鵜/宮武寒々

葛咲くや荒瀬押し出す岩ばかり/太田蓁樹

がうがうと銀河離るる荒瀬かな/中戸川朝人

秋さやかはなみづひきは荒瀬沿ひ/飯田蛇笏

翔ちつづく鶴の荒瀬となりし天/大岳水一路

荒瀬より引き抜く如く鮎を釣る/国樹かほる

タイトルとURLをコピーしました