土瓶を使用した俳句

土瓶に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

土瓶を含む俳句例

若水や土瓶一つに角田川/一茶

空壜と土瓶が棚に秋の雨/蓼汀

土瓶蒸固形燃料真つ平/加賀雪絵

松蕈や京の下宿の土瓶蒸/正岡子規

春一番煎じ薬の土瓶鳴る/松村多美

猪垣のとつぷり暮れし土瓶蒸/森澄雄

舞茸が花とひろごり土瓶蒸/恩智景子

茶の土瓶酒の土瓶や芋團子/正岡子規

麦の秋中身が酒のよき土瓶/成田千空

十薬の土瓶の口の夜風かな/今倉良杉

卓上にどかと土瓶や草の餅/成瀬正とし

土瓶さげて甘酒踊るかうぢのや/中勘助

盃にとくとく鳴りて土瓶蒸/阿波野青畝

土瓶より番茶たらたら大石忌/鈴木鷹夫

紅茶土瓶の湯気の夜の春の蚊/北原白秋

膝もとに濡れ傘宵の土瓶むし/館岡沙緻

土瓶より濃き茶出でくる夏の果/桂信子

垣の根に土瓶の欠けや水仙花/寺田寅彦

荒海のすでに暮れたり土瓶蒸/高須禎子

しばらくは箸使はずに土瓶蒸し/池田秀水

俳句例:21句目~

つひのひとしづくも賞味土瓶蒸し/河原淑

ふる雨や祇園泊りの土瓶蒸し/藤田あけ烏

不景気を真砂女が言ひぬ土瓶蒸/鈴木鷹夫

土瓶にはちがふ蓋のり麦茶冷ゆ/加藤台水

土瓶蒸し京ならではの鱧すだち/高木晴子

酒癖になるまでしづか土瓶蒸し/永井龍男

寒明けや花のかたちの土瓶敷/片山由美子

こほろぎや思はぬ幸の土瓶蒸し/水原秋櫻子

しぐるゝや番茶土瓶の肩の艶/久保田万太郎

ぢきぢきに主もち来る土瓶蒸し/伊藤宇太子

摺り足のきこえてきたり土瓶蒸し/石原八束

露けしや土瓶もふるき土瓶むし/車谷弘花野

誰れへ土産となく土瓶買ふ紅葉かな/渡辺水巴

野分かなひとり炊ぎの土瓶の湯/飛鳥田れい無公

昇格の子へ松茸の土瓶蒸し/上原瑞子/『燈台草』

初雪や誰ぞ来よかしの素湯土瓶/一茶/享和三年癸亥

『土瓶、薬かんのつる捲き』籐椅子一つもこわれた儘に/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました