縷々を使用した俳句

縷々に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

縷々を含む俳句例

枇杷咲きぬ朝歩蒼惶晩歩縷々/林翔

姥捨の月に縷々たる落し水/西本一都

腰越状縷々と伝へて青葉冷/野上照子

囀の縷々として朝はじまりぬ/山本歩禅

小鳥来る黒部へつりの径縷々と/有働亨

織初やよりそふ母の言縷々と/栗生純夫

蛍葛たぐりて余る師恩縷々/能村登四郎

邯鄲の文体凛とまた縷々と/田川飛旅子

邯鄲の縷々と翳抱く萱ばかり/山口草堂

雪迎へ眼下の川の縷々岐れ/中戸川朝人

露けさやをさなきものの縷々の言/草城

このわたや縷々綿々と箸を垂れ/中野三允

ぬかご垣枯蔓縷々とすがりけり/西島麦南

わが通るのみの雪道縷々と掻く/斎藤道子

絹の道縷々と棉干し豆も干す/小檜山繁子

蚊遣香縷々たり筆は措きがちに/石塚友二

邯鄲や縷々数珠玉をもむ如し/山上樹実雄

春愁やおが屑縷々とこけしなす/平井さち子

玉の緒の縷々と息づく梅雨幾夜/能村登四郎

血に痴れてヤコブのごとく闘へり/神崎縷々

俳句例:21句目~

鐘楼の地にある重さけらの縷々/下村ひろし

阿片をさす襤褸たくりぬ雪あかり/神崎縷々

鴨足草木下に縷々とはせをみち/小檜山繁子

いつまでもつきざる話縷々涼し/久保田万太郎

しづけさのきはみを縷々と種蒔けり/栗生純夫

夜ざくらや縷々とつづきて酒気なき列/栗生純夫

病む妻が眼をみはりをり螻蛄の縷々/篠田悌二郎

露寒し縷々とラジオの「尋ねびと」/伊丹三樹彦

からまつ散る縷々ささやかれゐるごとし/野沢節子

タイトルとURLをコピーしました